コルマール~リヨン・アルザスの旅(16)

ストラスブールから日帰りでコルマールとワイン街道を訪れました。
コルマール駅から旧市外までは歩いて15分ほど。
c0039428_17401377.jpg
まずはウンターリンデン美術館へ。
13世紀建造の修道院がそのまま美術館になっています。
宗教画中心の美術館ですが、有名なのは13世紀に描かれたイーゼンハイム祭壇画
祭壇画としては相当大型のもの。
磔刑されているイエス・キリストが、あまりにもリアルに描かれています。キリスト教徒ではない私には、よく理解できない世界です。


コルマールの町はそれほど大きくはありませんが、戦災の影響がなかったので、昔からの姿をとどめているそうです。

木組みのカラフルな家々には、花が飾られ、絵本の世界に入り込んだみたいです。

c0039428_17401649.jpg


水辺の家並み
このあたりの道の名前は「魚屋通り」
小さな家々が並びます。

c0039428_17403630.jpg



プティット・ベニスといわれるあたり
橋の上ではみんなが立ち止まって、写真を撮っていました。
もちろん私も1枚。

c0039428_17403161.jpg


そして、夕方
観光客気分で、橋の上から眺めた水の上に浮かぶレストランで夕食をとりました。

c0039428_17402857.jpg
昨晩、巨大なソーセージを食べたので、なるべくお腹にたまらないものにしました。

[PR]
by small-small-world | 2011-09-18 17:46 |   リヨン&アルザス2011 | Comments(0)