圧力鍋よみがえる

我が家の圧力鍋は28 年前に購入したもの。当時の「暮らしの手帖」の商品テストで推薦されたPRESTO社のものです。

なぜ28年前のものだとわかるかというと、末息子が幼稚園に入園し、やっと一人で身軽に歩けるようになり、取り扱い店の池袋の東武デパートに行って購入したからです。大きな箱を抱えて帰ってきた日のことをなぜかはっきりと覚えています。

その頃、1ドル240円。
育ち盛りの子どもたちがいたので、大は小を兼ねるとばかり大きな8クオート(8リットルくらい)のもの。
鍋の価格は、はっきり覚えていませんが、1万5000円くらいだったと思います。

c0039428_14391188.jpg
大活躍のお鍋でした。
シチュー、ロールキャベツ、ミートソース、ポトフー
短時間でしかもおいしくできるんです。

時間のかかる
お赤飯やいか飯もすぐにおいしくできるし、近頃は玄米を炊くのに重宝していました。

年末には、きんとん、昆布巻、黒豆

ありとあらゆる料理に大活躍。

付属のレシピ本がボロボロになるほどでした。


c0039428_1439239.jpg
それが、昨年末から圧力鍋の圧を調整する重りが見えなくなってしまったのです。重りがなければ使えないので無くさないように細心の注意をしていたのに。

いつかひょっこり見つかるのではないかと思って過ごしたのですが、どうしても見つかりませんでした。


あきらめて新しいのを購入することも考え、デパートの売り場もだいぶ調べたのですが、家族の人数もすくなくなったのに3万円以上もする圧力鍋をこれから購入する必要があるのでしょうか。

もしかしてPRESTOの圧力なべをいまだに販売している店がありはしないか・・・・
思いつきで、ネットで「PRESTO. 圧力鍋」で検索してみました。

すると、日本では扱っている店はなかったのですが、なんとAmazonで購入できること がわかったのです。
しかも現在49%の特別割引中。74ドルが38ドルで購入できます。日本への送料は20.91ドル
円高のおかげで、日本円で送料あわせてたったの4700円
   (28年前のレート、1ドル240円で換算すると送料共14000円。鍋の価格はそれほど値上がりしていないようですね)

c0039428_13404635.jpg
アマゾンのサイト↓↓を見ると、400を越えるクチコミが投稿され、80%近い投稿者が5☆をつけています。
PRETO Pressure Cooker


投稿内容を読むと、20年、30年使っている人もたくさんいることがわかります。
長年使い込んでいるのが私だけではなかったようです。

暇にまかせて、Amazon.comのサイトをさらに見ているとさらに発見しました。。

なんと重りのみでも購入できるのです。
8.99ドル。送料10.48ドル
日本円で送料とも1500円ほど。

               Presto Pressure Cooker/Canner Pressure Regulator

クチコミを読むと、使い込んだ圧力鍋がまた使えるようになったと書いてあります。
中にこんなのがありました。

My Dad has a Presto Pressure Cooker that was bought in the 60's. Mom lost the regulator in a move and so she just put the cooker away. After her death, Dad found the pressure cooker and asked if I could get a new regulator. The style had changed but it worked the same. Good deal.

60年代に購入したPRESTO圧力鍋にもフィットして、また使えるようになったのですから、1982年に購入した我が家の圧力鍋にも必ずフィットするはずです。

圧力鍋の購入は取りやめ、重りだけを注文しました。
たとえフィットしなくても、1500円の損害で済みますもの・・・・・

c0039428_14392612.jpg
注文してから10日ほどたってアメリカから小包が送られてきました。
もともと我が家にあった重りとはやや形が違いますが、鍋のふたにきっちり収まります。


c0039428_14391924.jpg
おそるおそる火にかけてみました。
圧がかかり、以前と同じようにシュッ、シュッと勢いよく重りは揺れ始めました。

大成功!!
我が家の古い圧力鍋が復活しました!!


消費文化の国といわれているアメリカ
でも結構ものを大切にする国なのだということがあらためてわかりました。

アメリカのPRESTO社のホームページ↓↓を見ると、鍋の取っ手やつまみまでそれぞれ購入できることがわかりました。日本への配送をしていないようなので、購入はあきらめましたが。

          PRESTO社HPは

日本の家庭用品メーカーでは、30年以上も前のお鍋の部品を補充できるのでしょうか。
補充できれば使える品はもっとあるでしょうに。

ところで・・・・




新しい重りが我が家に着いた日
キッチンのいつも重りを入れていた引き出しに新しい重りを収納しようと引き出しをいっぱいいっぱい引き出したところ、引き出しの一番奥に見慣れぬものを発見!!

c0039428_14393099.jpg
なんとなくなったはずの重りがひっくり返った状態で引き出しの一番奥に張り付くようになってあるではありませんか。

ん~~~~~~!
なんといってよいのやら~~~~~。
[PR]
Commented by kei at 2012-02-16 07:35 x
うちも重りをなくして困っていましたが,この記事のお陰で圧力鍋が復活しました.どうもありがとうございました.
Commented by small-small-world at 2012-02-16 23:50
♪kei さま

お互い圧力鍋が復活してよかったですね。
Amazonから購入できるのは意外で、しかも手軽でしたね。寒いこの季節、我が家では暖かいスープなどを作るのに大活躍中です。
Commented by 二次 at 2015-02-10 20:38 x
なんとうちにあるのと同じ鍋とレシピ本です
びっくりしました
うちは通販で買ったのですが、そちら同様随分長く使っています
今パッキンが入手できないか調べている所です
なかなか難しそうですけどね
Commented by small-small-world at 2015-02-11 21:22
二次さんもずいぶん長いことプレスとの圧力鍋を使っていらっしゃるのですね。
アメリカのAmazonのサイトではたしかパッキングも入手できたと思いましたが・・・・。
Commented by 二次 at 2015-02-12 20:08 x
お返事ありがとうございます
多分見落としだと思いますのでもう一度よく調べてみます
by small-small-world | 2011-11-27 14:45 | ★日々の楽しみ | Comments(5)