佐保路を歩く

最近ほぼ毎年出かけている正倉院展。今年も一泊二日ででかけてきました。
朝早く出発すると10時過ぎには奈良に到着してしまいます。
そのまま正倉院展に行ってもよいのですが、入館までに1時間は待たされるのは確実なので、今回は週末の夜間開館に見学することにしました。
これは大正解の選択でした。4時半に行ったら入館の行列はなし。さらに館内のために10分ほど待機させられたので、客足が引いたところで入館できたのはラッキーでした。

さて、天気は快晴。
午前10時から午後4時まで何年ぶりかに佐保路を歩くことにしました。

一日乗り放題の500円のバスチケット。
キャンペーン中で、愉快な木札になっていました。これを首からぶるさげて、いざ、出発。

まずは不退寺。
在原業平が開基したと伝えられる寺。
どこかのどかな山門。
境内は自然に生い茂るままにしているのか、かえって情緒が感じられます。
c0039428_23364545.jpg
堂内の聖観音は在原業平が彫ったと伝えられる像
かつては彩色されていたのでしょうけれど、かなり剥落しています。

        観音の肌の剥落秋深し

高速道路を渡るとウワナベ古墳
この辺りから秋篠寺にいたるところに古墳が多く、佐紀古墳群と称されています。
c0039428_23365565.jpg
仁徳帝の皇后の磐乃媛の古墳もあり、興味をそそられますが、今回はパス。
海竜王寺
以前訪れた時は人影もなく寂しいお寺と感じましたが、天気がよいせいか訪問者も多いようでした。
c0039428_23370326.jpg
堂内にある五重塔小型だからといってあなどるべからず.国宝です。
c0039428_23381731.jpg
法華寺
光明皇后のお姿に似ているという十一面観音を開帳中。
光明皇后はその筆跡を拝見すると男勝りのはっきりした方だったのではなかったかと思うのですが、法華寺の十一面観音もりりしいお顔立ちです。
c0039428_23382506.jpg
昼食はどこかコンビニでも立ち寄って調達するつもりだったのですが、佐保路のあたりにはコンビニがまったく見当たらず。
次は秋篠寺へと考えていたのにバスの便も不便。
困った!と思っていたら、奇跡のようにタクシーが通りかかりました。
ちょうど車庫に戻るところだったようです。

途中でコンビニに立ち寄ってもらってから、秋篠寺へ。
秋篠寺の本堂は武骨なほどに装飾のない建物。
入口を入ったところに、ミューズと呼ばれる技芸天。
優し気に首をかしげた像です。
c0039428_23385021.jpg





[PR]
by small-small-world | 2016-11-14 23:32 | 秋の奈良2016 | Comments(0)