国境を越えて~クロアチアの旅2017(16)

ボスニアヘルツェゴビナのモスタルからまた国境を通りクロアチアへ。
今回の旅行では何度も国境を越えましたが、国境を越えるには早くても40分、長くかかるときには1時間半くらいかかりました。

検問にはいろいろなやり方がありました。
バスから下車し、検問所で一人ずつパスポートチェックを受ける。
係官がバスに乗り込んできて、一人ずつパスポートを提示する。
添乗員がパスポートを集め、運転手と一緒に検問所に行き、チェックを受ける。
運転手が検問に来た係官に「日本人だよ」と言ったら、即OKということもありました。

時々トイレ休憩のために停車するドライブインで運転手が2,3本の飲み物を購入するのを見かけました。
後で気づいたのですが、検問の時運転手は検問所の係官にそっと飲み物を渡していました。

バルカン半島を抜けて移動する難民対策なのでしょうか。
もとはユーゴスラヴィアという一つの国家だったのに、複雑なことです。

c0039428_11112137.jpg
                   (写真は観光客でにぎわうモスタル旧市街)

ボスニアヘルツェゴビナからクロアチアへ入るあたりだったでしょうか。
ひときわ新しい家々が並ぶ地域がありました。
ドイツあたりに出稼ぎに行った人たちが建てた家々だということでした。

ムスリム人、クロアチア人中心の政府とセルビア人主体の政府が並立する複雑な政治形態。
内戦で傷んだ国土。
国際援助なくしては成り立たない国民生活。
ほんの数時間のボスニアヘルツェゴビナ滞在でしたが、考えさせられました。






[PR]
by small-small-world | 2017-08-29 11:13 | クロアチアの旅2017 | Comments(0)