カテゴリ:未分類( 58 )

お花見のニュースを見ているうちに長年行ってみたいと思っていた東北地方のお花見に行ってみたくなりました。
盛岡のビジネスホテルのサイトを見るとたった一部屋だけ予約可能だったので、とりあえずそれを予約。
翌朝新幹線の座席も予約でき、またまた突然みちのくの旅に出かけることになりました。
思い立った時が旅の始まりです。

5月1日、こまち3号に乗り、角館には10時半過ぎ到着。
角館は10年以上ぶり。
前回は11月で町中が色づきしっとりと落ち着いた雰囲気でした。
今回は連休の中日。どこか華やいだ明るい感じでした。

桧木内川の土手2キロの桜は満開。
樹齢80年以上の桜ですから、どの木もどっしりしています。
広々した河原でお弁当を広げました。
c0039428_22543623.jpg
c0039428_22583669.jpg
角館の通りはとても道幅が広いのはどうしてなのでしょうか。
両側に並ぶ武家屋敷は黒塀に囲まれていて、広い敷地内には巨木といっていい木々がうっそうと茂っています。
植え込みや石庭が武家屋敷のイメージですが。
c0039428_22575930.jpg

角館の枝垂れ桜は江戸時代に京都から佐竹家にお輿入れしてきたお姫様がはるばる持参した苗木2本がそのルーツだとか。
今では樹齢400年の巨木になっています。
黒塀越しに揺らぐ枝垂れ桜が見事です。

満開は過ぎていましたが、風に揺らぎはらはらと花びらを散らす桜はとても優美。
c0039428_22582901.jpg
[#IMAGE|c0
街角では「角館中学校」の腕章をつけた生徒さんたちがガイド役。ほほえましいガイドさん、ありがとうございました。
[PR]
by small-small-world | 2017-05-09 23:03 | Comments(0)

熱海梅園

昨年は1月25日前後に開花した我が家の梅。
暖冬のせいでしょうか今年は1月6日に開花してしまいました。記憶に残る限り最も早い開花です。

伊豆に向かう途中に熱海梅園に立ち寄ってみました。

熱海はいつも素通りしてしまう町なので、熱海梅園は初めてです。

明治以来の歴史のある梅園で、湯治には散歩も必要という伊藤博文の提案で明治の豪商茂木氏が開園したものとか。高台の起伏ある場所を散策しながら楽しみました。
c0039428_10302232.jpg

c0039428_10302310.jpg

高台に登る途中にほぼ3分咲きになっていたのは早咲きの熱海桜だそうです。
c0039428_10302483.jpg



まだまだ寒いのですが、一気に春気分を味わいました。
[PR]
by small-small-world | 2017-02-04 10:13 | Comments(0)

c0039428_14314125.jpg

そろそろ最盛期を過ぎた紫陽花ではありますが、まだまだきれいです。

朝から小雨の降る6月23日。
こんな日こそ紫陽花日和。
さてどこかに紫陽花を見に行こうとネットで探した紫陽花の名所。1000株の紫陽花が咲くのいう府中市郷土博物館に行ってみました。

それほど遠くないのですが、訪れたのは初めてです。
広さ14ヘクタールというから相当な広さ。
いくつかのゾーンに分かれていて、武蔵野のハケの風景を活かし、多摩地域に残る商家や農家、学校などを移築してあるゾーンや子供の水遊びのゾーンなどがあり、楽しめる公園です。
c0039428_21292616.jpg



霧雨が降っては止むというお天気。
湿気をふくんだ空気の中で緑の美しいこと。
いろいろな彩りの紫陽花が小道の両脇に続き素敵です。
人出もなく、のんびり楽しめました。
c0039428_21292781.jpg


[PR]
by small-small-world | 2016-06-23 14:30 | Comments(0)

桜の伊豆高原

毎年3月末に滞在する伊豆高原
今年は3月28日から4月1日までの4泊でした。

暖冬だったので桜の最盛期と重なるのではと期待していましたが
28日にはちらほら咲き、4月1日になってもやっと5分咲き程度でした。

伊豆高原といえば、バス通りの桜並木が満開になると桜のトンネルになるのですが
この数年来、並木の桜が傷んでしまい、見る影もありません。

聞いた話では、バス道路の舗道を整備するときに、
舗道にごつごつとはみ出していた根を邪魔だからと切り取ってしまったのだそうです。
根がなくなっては、幹や枝が持つはずはありません。
考えのないことをしたものです。

4月1日の大室山さくらの里
だいぶ咲き始めていました。
中国語を話す観光客がたくさん来ていました。
c0039428_23361935.jpg
c0039428_23362922.jpg

[PR]
by small-small-world | 2016-04-04 23:38 | Comments(0)

節分のスカイツリー

スカイツリー。
遠くから眺めるだけだったのですが、友人に誘われて、上ってきました。

ちょうどダイヤモンド富士が見られる時期なので日没&夜景を見るために午後4時前後に上ることに。
春節の時期、中華圏からの観光客が多いし相当混んでいるというので、2時間並ぶ覚悟で午後2時にチケット売り場に着いたのですが、なんとまったく並ぶことなくチケットが購入できるとのこと。
混んでいると思っていたのにまったく拍子抜けでした。

c0039428_15450378.jpg


ソラマチで2時間つぶし、4時ころ350メートルの展望台にのぼりました。
細かい模様の絨毯を広げたようにどこまでも果てしなく続く東京の街。
その織り目にひとつひとつに人間の暮らしがあり、生活の喜びや哀しみがあるのでしょうけれど、天空から見る東京の街はただただ広がる空間にしか見えません。

c0039428_15450458.jpg


日没は午後5時9分。
4時半頃から富士山の方向にスタンバイ。
西の空は徐々に赤く染まってきたのですが、あいにく富士山の辺りだけ雲がかかり、ダイヤモンド富士を見ることはできませんでした。007.gif

c0039428_15450405.jpg


やがて日が暮れ、どこまでも広がる街並みに灯りがともり、一面のキラキラ光る絨毯に。
ダイヤモンド富士は見られませんでしたが、音楽が流れてくるような美しい夜景でした。

c0039428_15450475.jpg


[PR]
by small-small-world | 2016-02-05 15:21 | Comments(0)

opal毛糸の靴下2016

c0039428_17563217.jpg

テレビを見ながら手を動かして、opal毛糸の靴下を編み上げました。
今回はブルー系

opal毛糸は一玉100グラム。一玉で女性用2足には少し足りない量。50グラム弱残った糸の使い道はどうしましょう?

[PR]
by small-small-world | 2016-01-25 17:55 | Comments(0)

ご無沙汰していました。

ずいぶん長いことブログを更新していませんでした!!

iPad mini を持つようになってメールチェックのためにパソコンを立ち上げる必要がばくなったことが最大の原因。
もっと大きいのは、友人から紹介されたアプリケーションを入れた後、どうにも起動が遅くなってしまい億劫になってしまったこと。

パソコンに詳しい息子に頼んでパソコンを初期化してもらったので、やっと普通にパソコンが使えるようになりました。

最後にブログを書き込んで以来、マレーシアに行ったり、鞍馬貴船を歩いたり、書き込んでみたいことはあったのですが、それはいずれ・・・。

[PR]
by small-small-world | 2015-01-17 16:32 | Comments(0)

アルハンブラ宮殿のナスル宮の入場予約。2ヶ月前にネット予約できたのは、なんと6時半の回。
まさかそんな遅い時間の見学になるとは思いませんでした。
でも5月末のスペインの午後6時半はまだ昼間のうち。見学に支障はありませんでした。

アルハンブラ宮殿には昼過ぎに入場。
まずはヘネラリーフェの庭へ。
糸杉の木立の中、心地よい風を受けながら登っていくと薔薇の花が咲き乱れる道にでます。
c0039428_23081255.jpg
アルハンブラ内の庭は、よく手入れされています。
c0039428_23081638.jpg

樹木のアーチを通り過ぎるとヘネラリーフェの庭に入ります。
回廊に囲まれた愛らしい庭です。
c0039428_23082788.jpg
c0039428_23083005.jpg
階段の手すりは水の通路になっていました。
アルハンブラの水は、こうして運ばれてきているのですね。
c0039428_23083200.jpg

のんびりと坂を下りました。(前の晩にアルハンブラの中をかなり散歩したのであせることはありません)、
宮殿内にあるホテル・アメリカの中庭のカフェで一休み。
c0039428_23084176.jpg
c0039428_23083711.jpg

ナスル宮への入場は午後6時半
暑い日射しを避けられ、かえってよかったかもしれません。
c0039428_23090074.jpg
c0039428_23085595.jpg


前夜のライトアップされた幻想的な宮殿とは雰囲気が違って、楽しめます。
細密な彫を施された壁面
二姉妹の部屋の鍾乳洞のような天井
c0039428_23085758.jpg
c0039428_23084909.jpg
c0039428_23085298.jpg

有力な一族だったアベンセラーヘ家の男性たち36名が一気に殺されたときにはライオンの中庭が血の海になったそうです。
アベンセラーヘの間、想像していたより狭かった・・・・
c0039428_23090886.jpg

回廊からはアルバイシン地区が望めます。
c0039428_23084609.jpg

ワシントン・アーヴィングが滞在した部屋のドアは閉ざされていました。
宮殿の中に居住できたアーヴィングは、モーロ人の息吹を感じながら暮らしたことでしょう。
c0039428_23091208.jpg
たっぷり満喫して、グラナダスの門からゴメレス坂を下りました。
c0039428_20393937.jpg




[PR]
by small-small-world | 2014-09-03 23:14 | Comments(0)

お花見ーー2014

c0039428_23350287.jpg
今年も目黒川の夜桜見物に。
ライトアップされた桜は妖しい美しさ。
昨年は、寒くてこごえる ほどでしたにが、今年は風もなく絶好の夜桜日和でした。。


[PR]
by small-small-world | 2014-04-02 11:43 | Comments(0)

がんばれ!アロエ祭り

河津駅においてあったパンフレットに白浜でアロエ祭りが始まっていることを知ったので、行ってみました。
アロエ祭りののぼり旗が立っているあたりで、135号線を下り、海岸に向かいました。
浜辺にある坂戸集落のあたり、のぼり旗がたち、大音量のラジオ放送が流れているのに、人影はなし。
c0039428_2184984.jpg


「アロエの里」と書いた石碑があり、アロエの赤い花が咲いていましたが、人影なし。
祭が始まったばかりのせいでしょうか、拍子抜けでした。

浜辺の小屋に入ると、地元の女性たちが数人。
アロエの入ったクリームなどの即売所になっていました。
お菓子を少し買ったら、蟹の入った味噌汁を振舞ってくれました。私たちの分が最後。お鍋が空になるほどのお客さんがそれでもやってきたのでしょう。

アロエ祭り→→☆☆

アロエ祭りは、1月14日までやっているそうです。
皆様、是非足を運んでください!!
青い海とアロエの赤い花のコントラストがとってもきれいですよ。
c0039428_21114536.jpg

[PR]
by small-small-world | 2012-12-11 22:05 | Comments(0)