カテゴリ:★樹や花たち( 81 )

バラの福箱

正月になんとなく京成バラ園芸のHPを見ていたら、1月10日までの間「福箱」というのを販売しているのを発見。
狭い庭なのですでに植えるスペースは限られているので躊躇したのですが、でも、何が入っているかわからないというのに魅かれて「四季咲き大輪3株 送料込み3500円」というのを注文してみました。

先週待っていた福箱が届きました。
入っていたのは、
「あゆみ」        黄色 京成バラ園
「ウェディングベルズ」  ピンク ドイツ・コルデス
「スィート・」パローレ」 ピンク ドイツ・コルデス
c0039428_20323351.jpg

贅沢を言えば、ひとつは赤バラか白バラもひとつほしかったのですが、でもどのバラも育てやすい強権種とのこと。
それにどのバラもとっても立派な株。
定価は少なくとも一株2700円。
お買い得でした。

風邪をひいて植えつけるのが遅れましたが、昨日やっと植えつけました。

来週には「バラの家」に注文した「ゲーテローズ」とアーチ用の「アンジェラ」が届きます。
昨夏へたり気味だった我が家のバラたち。今年は立派な花を咲かせますように!!


[PR]
by small-small-world | 2015-02-02 20:33 | ★樹や花たち | Comments(0)

薔薇の季節到来!

庭の薔薇が一斉に開花し始めました。
朝一に庭に降り立ち、花をめでるのがこの時期のなによりの楽しみです。
c0039428_21171803.jpg
毎年1月に庭中掘り返して寒肥に牛糞をたっぷり施し剪定するのが恒例なのですが、今年は日曜日ごとに大雪が降り、施肥は先送り。
2月も末になってから、申し訳程度の施肥しかしなかったし、芽吹きも近いからと剪定も最小限だったので、どんな花が咲くか心配していたのですが、なんといつも以上につぼみがつきました。
今までの育て方は間違っていたのかしら・・・・・。

施肥しなかったラヴェンダードリームにもたくさん花がさきました。
c0039428_21180537.jpg
満開も美しいけれど、咲き始めの楚々としてはにかんだような風情に魅かれます。(ピエール・ド・ロンサールとジュード・オブスキュア)
c0039428_21181516.jpg
c0039428_21181714.jpg

もちろん咲ききったときの美しさにはほれぼれしますが。 (ピエール・ド・ロンサール)
c0039428_21215561.jpg
何年か前に植えたクレマチス「フェアリーブルー」も健在です。
c0039428_21201094.jpg
過去2年間の真夏の暑さで何本かの薔薇をダメにしてしまったので、去年11月と今年3月末に植えたしたのですが、そのうち一本が花をつけました。
「アイリストミスト」これまで我が家にはなかった鮮やかな朱色の薔薇です。
c0039428_21214505.jpg

10年ほど前に植えた新苗「ヴァリエガータ・デ・ボローニャ」
    http://go2seattle.exblog.jp/3959031/
なかなか大きくならず、数年に一度花をつけるだけだったのですが、ボローニャの思い出と重なり、成長を見守っていたのですが、昨年秋から急成長を始めました。さて、やっと一人前になったかと開花を楽しみにしていました。

ところが・・・・
咲き出したのは、赤白絞り咲きのヴァリエガータ・デ・ボローニャ」ではなく、小さな白い花。
c0039428_21181393.jpg
確かに同じ株から出てきているし、葉の形も同じなのですが、いったいどういうこと?
いつも手元に置いている「バラ大百科」を見てみました。

野生種として掲載されている「ロサ・ムルティフローラ(ノイバラ)」
花形や特徴がぴったり。
接ぎ木用の台木として使用されるとありますから、昨夏暑さにやられたヴァリエガータ・デ・ボローニャ」を淘汰してしまったのでしょう。大好きな薔薇だったのに残念!
強健な品種ということですから、今後が心配ですが、秋には赤い実をつけるそうなので、しばらくは様子をみようと思います。




[PR]
by small-small-world | 2014-05-11 21:33 | ★樹や花たち | Comments(0)

秩父・羊山公園

連休前半、気持ちよく晴れたので、芝桜の美しい公園として知られている羊山公園に行ってみました。

我が家からは2時間半。
秩父に近づくと、山村の風情が見られます。
若葉が輝くほどに美しい・・・・

皆が下車するのにつられ、秩父の一駅前の横瀬で下車
のどかな風景を楽しみながら30分ほどで羊山公園の裏門に着きます。

緩斜面を利用し、色合いの違う芝桜を植栽して作り上げた花のじゅうたん
ほのかに花の香りが漂っています。
c0039428_21531760.jpg


日当たりがよい斜面は満開ですが、反対側の斜面はまだこれから。
連休後半には両側がきれいになるのでしょう。
c0039428_21562785.jpg


町の方のお話では、
芝桜を植え始めて14年、開園3年目ぐらいが一番きれいだったそうです。
夏場は草むしりがとにかく大変だとのこと
町民のボランティアでしているそうです。

お話をしてくださった方からお聞きしたおもしろいお話
あるとき、草むしりボランティアに出かけるため車に乗ろうとしたら車のキーがみつかりません・・・・
「よその草むしりをする前に我が家の草むしりをしてください」という奥様のストライキだったそうです。

西武秩父駅にもどり、ちちぶ銘仙館、秩父神社をまわってのんびり散歩。
7年前にも同じところを歩いたので、そちらの記録をごらんくださいね。
⇒⇒★★こちらです
[PR]
by small-small-world | 2014-04-27 22:17 | ★樹や花たち | Comments(0)

桜の園

3月24日から28日まで毎年恒例の伊豆高原滞在。
都内は開花宣言があったのですが、伊豆高原ではまだまだ。
大室山山麓の桜の園では一部の品種が満開。
c0039428_22133050.jpg

心配なのは駅からの桜並木です。
大きな枝を切り落とされている木や元気のない木。
最盛期の半分ほどの花しか期待できないでしょう。
数年前、歩道を整備するため根っこを切ってしまった後、樹勢が衰えてしまったとか。
溶岩の土地で、ただでさえ土が少ないという劣悪な条件下で頑張った桜の木。
でも、根っこを切られては・・・・・・。取り返しのつかないことです。

(写真は桜の園の枝垂れ桜)
c0039428_22044693.jpg
c0039428_22033763.jpg



[PR]
by small-small-world | 2014-03-29 22:15 | ★樹や花たち | Comments(0)

ネジバナ

このところ何年か、2階のベランダの手すりにプランターをつるし、そこに空心菜の種をまいていました。
生育がよくて、夏中に何回も刈り取りできて、楽ちんなベランダ菜園でした。

今年は、種まき時に忙しくてプランターが去年のままになっていました。雑草が生えているけれど、それもほったらかし。
c0039428_8595910.jpg



気がつくと、雑草に花が咲いているではありませんか。

ネジバナです。
多摩川の川原からでも風に乗ってとんできたのでしょうか。
c0039428_90916.jpg



ネジバナの花をじっくり見るのは初めて。
細い緑の花茎が縄のようにねじれて、まるで蘭のような花形のピンクのかわいい花が咲いています。
c0039428_9113639.jpg

[PR]
by small-small-world | 2012-06-27 08:39 | ★樹や花たち | Comments(0)

バラが満開(2)

毎年咲いていたバラなのに、ある時急に枯れてしまう時があります。
とても寂しくはありますが、でも庭が狭くて新しいバラを増やせないので、実は新しいバラを選ぶ楽しみを味わうチャンスでもあるのです。

いつもローズ・オブ・ローゼスに注文していたのですが、この数年の間に、何かあったらしく、閉鎖されてしまったようです。それで、今回はデビット・オースティンに注文しました。
冬の間に植えた苗。やっと開花しました。

c0039428_0265630.jpg
ウィリアム・シェイクスピア2000
大好きだったのに、3年前に枯らしてしまったバラ。
再度購入。2代目です。
今度こそ上手に育てなくては。

英国ストラットフォード・アポン・エイボンのシェイクスピアの生家の庭にも咲いていました。


c0039428_0235736.jpg
パット・オースティン
バラの育種家のデビット・オースティンが自分の妻の名前をつけたのですから、彼にとって、とても大切なバラなのでしょう。
鮮やかな深いオレンジ色のバラ。
珍しい花色。庭の中でぱっと引き立ちます。カタログで見るより、ずっと鮮やかです。
パット・オースティンさんもきっと華やかな女性なのでしょう。


c0039428_0235036.jpg
枯れそうになったタスカニーが復活しました。。古くからの品種だそうですから、きっと丈夫なのでしょう。小ぶりな花ですが、ウィリアム・シェイクスピア2000の元になったバラだそうで、同じような色をしています。


よく香っているのでしょうか。
花の中に虫たちが飛んでいます。

c0039428_0234710.jpg
ロサ・ムンディ
このバラも枯れかけたのが復活しました。オールド・ローズは強いですね。


c0039428_0234339.jpg
バレリーナ
かわいらしい花です。
[PR]
by small-small-world | 2012-05-25 00:29 | ★樹や花たち | Comments(0)

バラ満開

今が我が家の小さな庭が一番美しいとき
今年は、いつも以上によく咲いています。
気候のせいでしょうか。
それとも、いつも年末にしてしまう寒肥を一月になってから施したからでしょうか。
剪定を控えめにしたせいでしょうか。
c0039428_10415455.jpg




c0039428_10415020.jpg
とくに見事なのは、ピエール・ド・ロンサール
昨年出たシュートを誘引したら、たくさん咲きました。今まで剪定しすぎていたんだと思います。テレビの園芸番組を師としているのですが、バラというと「剪定、剪定」といわれるので、つい・・・・。


c0039428_10414845.jpg
ジュード・オブスキュアが、こんなに咲いたのは初めて。
一昨年植え替えたのがよかったのでしょうか。
薄い杏色の品のいいバラ。新宿御苑のバラ園に咲いているのを気に入ってわが庭に植えたもの。
雨に弱くて、一度雨に濡れると写真右の花のように色が褪せ、最後まで咲ききりません。
秋に咲く花にはまた別の風情があるのも楽しみです。


c0039428_10414487.jpg
ラベンダー・ドリーム
土地になじんだのか、急に元気が良くなってきました。
房咲きで、桜の満開時のように華やかです。


c0039428_10414065.jpg
これは、昔からよく見かけるバラ
強いバラらしく、瀕死の状態から回復しました。
いつもつぼみのうちにバラゾウムシにやられてしまうのですが、今年は早めに薬を散布したのできれいに咲きました
[PR]
by small-small-world | 2012-05-21 10:44 | ★樹や花たち | Comments(0)

目黒川・夜桜

やっと桜が満開になりました。

夕食後、目黒川に夜桜を見に行ってきました。
土曜日ということもあってか、中目黒駅からぞくぞくと人が降り立ちます。いつもの年より人出が多いようでした。みんな春をまちわびていたのですものね。
c0039428_22562977.jpg

c0039428_22562547.jpg

ちょっと寒くて、ダウンジャケット着用でちょうどでした。
[PR]
by small-small-world | 2012-04-07 22:58 | ★樹や花たち | Comments(0)

バラ苗植えました

注文してあったイングリッシュローズ
2月上旬に配達されるということだったので、忙しいときに来てしまったら困ると心配していたのですが、幸いにも時間的に余裕のある今週に届きました。

一晩水に浸けて、今朝庭に植えつけました。

c0039428_1311527.jpg
パット・オースティン
杏色のバラ
作出者のデビッド・オースティン氏が、妻の名前をつけたバラですから、彼にとって特別なバラなのでしょう。
どんな花が咲くのか楽しみ。


c0039428_13105876.jpg
ウィリアム・シェイクスピア2000
深い紅色のバラ
今から6年前にも植え付け、(→→☆☆)大好きだったのに数年で枯れてしまったので、再挑戦です。
英国ストラットフォード・アポン・エイボンのシェイクスピアの生家の庭にも植えられていました。


c0039428_1311494.jpg
寒くて、庭に目をやることもない日々でしたが、昨秋からほったらかしになっていた鉢に水仙が芽を出していることに気づきました。

寒いけれど、小さな春を発見できるこれからの1ヶ月は、ささやかな幸せを感じることのできる季節でもありますね。016.gif058.gif
[PR]
by small-small-world | 2012-02-09 13:18 | ★樹や花たち | Comments(0)

咲きました!

c0039428_1122021.jpg
毎年決まったように1月15日に開花する我が家の梅ですが(→→☆☆)、今年の寒さで、1月15日には、まだ固いつぼみのまま。

まだかまだかと毎日ながめていたのですが、先週あたりからつぼみの先が少しだけ白くなってきました。


c0039428_1122312.jpg
そして、今日
一輪だけひっそりと開花しました。
待ちわびた開花。例年より25日遅れです。


c0039428_11215749.jpg
木全体はまだまだこんな感じですが、春の兆しにちょっと気持ちが暖かくなりました。

[PR]
by small-small-world | 2012-02-09 11:23 | ★樹や花たち | Comments(0)