カテゴリ:  美濃路の旅( 2 )

郡上八幡~美濃路の旅(2)

美濃市駅から郡上八幡駅までは1時間弱
長良川に沿った谷筋を、昔懐かしいディーゼルの音を響かせながらゆったり進んで行きます。
無人駅をいくつか通り、沿線の満開の梅の花を楽しみながら。
「あ、猿だ」
同乗のお客さんの声で川岸を眺めると、なんと猿の親子

今は第三セクターになっているけれどもともと国鉄越美南線
立派な桜の樹が植えられている小さな駅々
どんな旅立ちを見送ってきたのでしょうか。

c0039428_15273885.jpg
郡上八幡駅は沿線の中では大きな駅舎
木製の跨線橋がかかるひなびた雰囲気の駅舎です。


c0039428_15274636.jpg
駅から町の中心までは歩いて15分ほど
この地方の中心らしい賑わいがあります。
毎夏行われる郡上踊りが有名ですが、観光シーズンではない今の時期は、地元の人たちの穏やかな日常が感じられます。


郡上八幡は水の町
町の中を長良川の支流の吉田川が流れています
さらにそこから分岐した乙姫川などの川が流れ、
きれいな湧き水や用水の流れもあって
町のいたるところでさらさらとした水音を聞くことができます。

c0039428_15312065.jpg
湧き水の宗祇水
室町時代に連歌師の飯尾宗祇が庵を結んだといわれる場所
町の人の生活水としても利用されてきたそうです。


c0039428_15274258.jpg
用水を大切にしてきた郡上八幡の人々
「やなか水の小道」
きれいな石畳の風情ある道です。


c0039428_15315271.jpg
「いがわの小道」
清流には鯉が泳ぎ、地元に人々が一種の講を作って、美しく保っています。
洗い場も設けられ、生活用水としても使われているようです。
通りがかる人々に「こんにちは」と声をかけられ、すがすがしい気分になりました。


c0039428_15275339.jpg
宗祇水の入り口にある老舗のお菓子屋さん「桜間見屋」
肉桂玉というニッキ飴が名物だそうです。
とりあえず一袋購入しました。


c0039428_167597.jpg
それから桜間見屋の近くのお店で購入したのはこちら
おいしそうなみたらし団子でしょ。


c0039428_168981.jpgそれからコチラは、Haruくんのために

もうお気づきでしょう。
実は食品サンプルなのです。
おかしなくらい本物みたいです。思わず口に入れてしまいそう。


c0039428_15274947.jpg
このお店「さんぷる工房」で売られているのは食品サンプル
各地の食堂などのウィンドウに飾られている食品サンプルの製造が、郡上八幡の主要産業の一つなのだそうです。


c0039428_1675667.jpg
私の携帯ストラップ
石垣島の糸巻き
それからみたらし団子
変な取り合わせになってしまいました。


c0039428_1531291.jpg
町の北側は職人町
やや軒の低い家並みです。


c0039428_15313677.jpg
「職人町」と書かれたバケツが各家の軒先にぶら下がっていました。
「備えあれば憂いなし」


c0039428_15313413.jpg
おやこんな看板も
「女いゆみか」??
な~んだ「かみゆい」ね。
現在は営業していないようでしたが、昔は日本髪でも結っていたのでしょうか。

古い町並みや文化を大切にしているのですね。


c0039428_15315575.jpg
宗祇とゆかりのある町
それぞれの家の門口に俳句を書いた色紙をはった平籠がさげられていました。
その中の一つに連れ合いが目をとめました。
「苦しさを口にはするまい
 ベランダに土を選べぬトマトが育つ」
今の日本の気分?
どんな環境においても力強く復興しましょうよ。


c0039428_15313994.jpg
郡上八幡城
昭和3年に天守閣としては日本で初めて再建されたもの
c0039428_1531412.jpg
長良川を見下ろす山の頂からは郡上八幡の街全体が見下ろせます。


山腹にあるホテルに宿泊しましたが、地元の人の宴会が2口
宿泊客は私たちだけでした。
観光シーズンではありませんが、ちょっともったいない。

食事を給仕してくれた女性に
「地震はどうでしたか」と聞いてみました。
「こちらではあまり感じませんでした」という答えを期待したのですが,返ってきた答えは
「すごかったですね。飛び起きてしまいました」
東日本大震災の直後に信州で起きた地震のことでした。

距離が離れると、そんなものなのでしょうか。


[PR]
by small-small-world | 2011-04-02 16:15 |   美濃路の旅 | Comments(0)

卯建のあがる町~美濃路の旅(1)

東北関東大震災から20日たちました。
被災した方々のこと、原発のことなど心の痛むことばかりです。

そんな時期ではありますが、ふらりと旅に出てみました。
shrinkしていないで、positiveに考えたいとの思いもありました。

行き先は、地図を広げてふと目に留まった美濃地方。
古い町並みを目指します。

c0039428_153316.jpg
美濃大田から長良川鉄道に乗り換えました。
長良川の谷筋をのどかに走るローカル線です。


c0039428_0292697.jpg
美濃市駅
なつかしい雰囲気の駅舎です。


駅から10分ほどのところに
美濃の町が江戸時代そのままに開けています。


c0039428_0292247.jpg
長良川の船運の拠点に、関が原の戦い後徳川家康からこの地を拝領した金森氏が築いた城下町
広い道幅の通りには町屋が往時のまま保存されています。
和紙産業で繁栄した町
見事な町並みです。


c0039428_0291991.jpg
城下町が川からやや離れているので火事を防ぐために
家に卯建(うたつ)が上がっているのが特徴です。


c0039428_1533579.jpg
和紙問屋だった今井家住宅


c0039428_15331084.jpg
間口は22メートルですが、奥行きが深く、母屋の後ろには4棟の蔵や水琴窟のある中庭もある立派な民家です。
昨年天皇皇后両陛下が来臨されたときには、警備がむずかしくて、門口にしかお入りにならなかったということです。


c0039428_0291658.jpg
立派な瓦は見ごたえがあります。



c0039428_15465931.jpg
「百春」醸造元、造り酒屋の小坂家住宅
むくり屋根というらしいのですが、カーブを描いた屋根にまるで竜が寝そべっているような卯建があがっています。


c0039428_154408.jpg
お酒と酒粕を購入しました。
樽の口から直接瓶詰めした今の時期だけのお酒
口に入れるとちょっとぴりぴりした感じがするのは麹が生きているからだそうです。



c0039428_22331466.jpg
町並みをはずれ、坂道を下っていくと長良川の岸辺に出ます。
ここが上有知(こうずち)の船着き場
昔ながらの灯台が残っています。


c0039428_22331284.jpg
そしてその脇には、船寄せ場の石段
江戸時代から明治時代まで美濃和紙の集散地としてにぎわった港ですが、今は人影もなくシーンとしています。


c0039428_2233781.jpg
次の長良川鉄道下り電車まで、まだ1時間もあります。
お米屋さんが開いているパン屋&カフェを見つけました。


c0039428_2233981.jpg
米粉入りのチーズケーキとコーヒーで
ちょっと一休み


c0039428_2233319.jpg
駅そばの駐車場の見事なしだれ桜
開花まではまだしばらくかかりそうでした。
[PR]
by small-small-world | 2011-04-01 00:18 |   美濃路の旅 | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る