入り組んだ入り江と島々に囲まれ、小高い丘の点在する地形のこの地はかつてマオリ語でTamaki Makau Rau(100人の恋人を持つ乙女)と呼ばれたそうです。ワイタンギ条約が調印された1840年、植民地の新しい首都をこの地とすることになったとき、ホブソン大尉は上司の名前を町の名にしたのです。それが「オークランド」の始まりです。

大急ぎで町の体裁を整えたのでしょうがオークランドが首都だったのはわずか25年間だけでした。今でも街の中にはその頃の古い建物がまだ残っています。

c0039428_2221527.jpgアジアとくに上海などに行くと町中が建設ラッシュ。古い町並みを壊し、高いビルを次々に建てているのに驚かされます。オークランドでは新しいビルを建築している光景を見ることがなかったと思います。中国のように極端な成長をしている国ではないのでしょう。クイーンズ・ストリートを海まで歩き右折したあたりには、19世紀に建てられた建物が並んでいます。いずれも今は空き家になっていて、壁にはその建物の由来を記したボードが貼ってあります。現在は市または市の関連財団の所有になっているようですから、そのうちオークランドの歴史を語る街並みとして再生させようという計画なのでしょう。c0039428_22221328.jpg


c0039428_22224937.jpg港の建物は黄土色の立派なものですが、そこは現在レストランになっています。2階のHarbour Side で帰国の前夜食事をしました。窓からは船出して行くフェリーの船尾灯が小さくなっていくのが見えました。  
 Harbour Side restaurant


[PR]
by small-small-world | 2005-06-01 22:27 |    ニュージーランド2005 | Comments(0)

オークランドの住民の11%を占めるのがマオリ族。キャプテン・クックがニュージーランド島に到着したとき彼を迎えたのがマオリ族です。マオリ族には文字がないのですが、14世紀頃カヌーをしたてて南太平洋の島々から渡ってきた歴史を口承で伝えています。

c0039428_085073.jpg小高い丘の上に立つオークランド博物館(オークランドには40個ほどの休火山がありますが、博物館の立つ丘も休火山だそうです。)


c0039428_09431.jpgオークランド博物館の1階にはマオリ族の民族文化が展示されています。中でも素晴らしいのが、kauriの木をくりぬき、素晴らしい彫刻をほどこしたカヌーです。1860年代に作られたもので、全長5メートルもあり100人の漕ぎ手を必要とした大きな船です。それぞれの集落の集会所でもあった大きな木の建物の内部にも彫刻がぎっしりとほどこされています。アワビの貝殻をはめこんだ瞳をもつ怪物の顔は舌をべろりと出した奇怪な顔です。敵を威嚇するためということです。

オークランド博物館

c0039428_0115442.jpg博物館では、日に3回マオリ族の民族舞踊を上演しています。戦闘の始まる前に気持ちを鼓舞するために踊るというHaca.。眼をむき、胸板が真っ赤になるほど拳でたたきながら踊る姿は、相撲の高見盛が取り組み前に胸板を叩く仕草によく似ています。


“Our culture is vanishing.”と上演中に語っていましたが、マオリ族はどのようにその民族文化を伝えていけるのでしょうか。

c0039428_0124514.jpg博物館には、小学生の見学グループが何組か来ていました。多文化社会のニュージーランドではあるけれど、マオリ族の文化を大切にすることは国家のアイデンティティの確立と密接につながっているのでしょう。


市立美術館には、ワイタンギ条約締結前後のニュージーランドの様子、顔中に刺青をした当時のマオリ族のリーダーたちの肖像画が並んでいます。500人のスコットランドからの移住者たちが、オークランドに入植したのは1842年のこと。たった160年前のことなのです。

オークランド市立美術館

ニュージーランドの地名はマオリ語のものが多く、似たスペリングのものがかなりあるので、ドライブするとき地図や道路標識の地名を直感的に読めないので困りました。
[PR]
by small-small-world | 2005-06-01 00:16 |    ニュージーランド2005 | Comments(0)

c0039428_234263.jpgオークランドはコスモポリタンな雰囲気の町。歩いていても自分が異邦人であるような感じはしません。
町の中のレストランには、日本料理屋はもちろんのことトルコ料理ありタイ料理ありインド料理あり、色々な国の料理店が勢ぞろいです。


よく立ち寄っていたホテル横の小さな食品店。中国系の店だと思っていたのですが・・・。
「『ありがとう』ってなんていうの?」とお客さんの黒人に聞かれた店主の女性が
「テレマカシー」と答えているので、
「インドネシアから?」と尋ねると、「マレーシアからよ」と微笑みました。

パンがおいしいので通ったショッピングセンター内のお店。
「どれにする?どれもおいしいよ。」
いつも笑みを絶やさない親父さん。壁にはスウェーデン国旗。お店の名前はSvenson’s 。顔なじみになったからか、ウィンクしながら、おまけにチョコをひとつ袋に入れてくれたりしました。

c0039428_2343941.jpgショッピングセンター内にはSUSHIの売り場もあって、パック詰めの海苔巻きがならんでいます。結構人気があるようで、お昼どきにはたくさんの人が来ていました。必ずしもアジア系のお客さんたちではありません。


オークランド住民の68%がヨーロッパ系、11%がマオリ、14%が南太平洋からの移民、13%がアジア系だそうです。

c0039428_2353067.jpg移民の国ニュージーランド。ワイタンギ条約が締結されイギリスから500人もの移民を乗せた船が入港してからわずかに150年あまり。その後東欧、北欧から。そして南太平洋から。アジアから。ニュージーランド人という国民意識がどんなふうに形成されているのでしょうか、短期の滞在ではわかりませんが、関心のあるところです。

[PR]
by small-small-world | 2005-05-29 23:06 |    ニュージーランド2005 | Comments(0)

レンタカーでコロマンデル半島(Coromandel Peninsula)へドライブしました。オークランドから1号線を40キロ南下。Pokenoで左折し東にさらに40キロ。Orongo Riverを渡るとThamesの町に入ります。Orongo Riverを渡る橋は木製で水面すれすれの高さ。一車線しかないので、信号機の指示で上り・下りが交互に通ります。

コロマンデル半島地図

c0039428_004141.jpgThamesは半島の入り口の町です。比較的大きな町のはずですが、約500メートルほどの目抜き通りの商店街はこんな感じ。


c0039428_013185.jpgかつて金鉱が発見されそれで賑わったらしく、その頃の建物らしいのもいくつか残っていました。
小さなMuseumへ寄ったのですが、午後1時から4時までの開館とのことであきらめました。

c0039428_05108.jpg町の入り口にあるインフォメーションセンターに立ち寄りドライブの情報を得ました。何しろオークランドに4時半遅くも5時までに帰りたいというニュージーランドの人には考えられない強行日程なので、案内の女性も驚いていました。とにかくカウリの巨木を見たいこと、しそれからCathedral Cove へは行きたいというこちらの希望を入れ、半島を半周するコースをアドバイスしてくれました。


c0039428_063067.jpg半島の西海岸は静かな内海。まるで湖です。Tapuというところで右折。山道に入りました。途中案内の女性が薦めてくれたRapaura という庭に立ち寄りました。山を切り開いて作った庭園なのですが、自然そのものではなく、自然を模して完璧にデザインされています。
c0039428_071955.jpg茂みの中に詩句を書いた看板が何箇所かにありました。その中に “The perfect garden is well kept wilderness”というのがありましたが、このプライベート・ガーデンの設計者の意図が表れています。とにかく山を切り開いてよくぞ作ったというような庭でした。日曜でしたが、老婦人が二人散策しているだけ。静かなところでした。


RapauraのHP

c0039428_0115759.jpgそこから10分ほどのドライブでお目当てのKauriの木への入り口へ。急な階段を上って
いくとSquare Kauri といわれているKauriの木の下に着きます。高さ25メートル、樹齢1500年ほどの巨木です。かつて北島の北部にはKauri の木がたくさん生えていたということです。マオリたちはKauriの巨木で100人もで漕ぐカヌーを作ったり、彫刻をほどこした家を作ったりしていたのですが、ヨーロッパ人が入ってきてから、輸出用に切り出してしまい、今ではほんのわずかしか残っていないのです。


c0039428_0125853.jpgKauriの木を過ぎ、本当のでこぼこ道を抜けて東海岸のHaheiへ。湖のような西海岸と違って東海岸からは広々と南太平洋が見渡せます。Cathedral Cove の展望台あたりの海中は自然豊かで国定公園になっているそうです。見事な景色ですが商業的観光施設は見当たりません。展望台からTrailを歩き始めました。白い断崖の景色が続き、素晴らしいのですが、そこから目的地Cathedral Coveまで片道1時間半。なにしろ時間の制限があるので、途中まで行って断念してしまいました。

午後3時。レンタカー会社の閉店時間まであと2時間しかありません。わき目もふらず、ひたすら走って走って・・・・。ところがオークランド近くまで来ると結構な渋滞。時計を見ながらの運転でした。(運転しているのは私ではなく連れ合いですが・・・・)滑り込みセーフ!!でした。

ところでオークランドを走っている車の80%以上が日本車。右ハンドルだからということもあるのでしょうか。聞いた話では、日本から中古車を輸入しているそうです。

c0039428_014691.jpg借りたレンタカー・トヨタのコロナでした。

[PR]
by small-small-world | 2005-05-28 00:15 |    ニュージーランド2005 | Comments(2)

c0039428_1554361.jpgMilly’s cook schoolのニュージーランド料理教室に参加しました。
MENUは、Lamb Racks with Horopito Rub and Maori Potato Gratin, Kawakawa Aioli
c0039428_1642734.jpg



c0039428_15545616.jpgHoropito とかKawakawaというのは若い羊歯つまりワラビです。ニュージーランドには200種を越す羊歯があるそうですが、どれも見上げるような高さの巨大なもの。ですからワラビもとってもビッグサイズです。そのワラビを干して粉にしたものをマオリではハーブのようにして使うのだそうです。Horopito とKawakawaの香りはほんの少し違いました。


メインはHoropitoをなすりつけ香りをつけた羊肉のロースト、それにMaori Potatoをスライスし生クリームをかけてオーブンで焼いたグラタン。Maori Potatoというのもやはりマオリの人たちの食べ物だそうです。ちょうど根生姜のような形なのですが、紫サツマイモのような濃い紫色をしています。ジャガイモに比べやや固そう。スライサーで薄くスライスして使いました。それからアイオリ・ソースにもKawakawaで香りをつけました。

c0039428_1651515.jpgさてこれが完成品。ラム肉も柔らかくてとてもおいしかったです。付け合せに添えられた巨大なワラビ。粘り気のあるグリーンアスパラみたいでした。


c0039428_1654949.jpgデザートはManuka Honey and Kikorangi Cheesecakes with Honey , Roasted Walnuts。チーズケーキですが、甘味にニュージーランド特産のマヌカハニーを使います。それからクリームチーズだけでなくKikorangiというやはり特産のブルーチーズを使います。ソースもまた煮詰めたマヌカハニー。ブルーチーズとマヌカハニーの風味たっぷりのチーズケーキでした。

[PR]
by small-small-world | 2005-05-27 22:06 |    ニュージーランド2005 | Comments(1)

早朝にホテルに着いてしまったので、スーツケースを預けて街を歩くことにしました。クイーン・ストリートを下りたところにあるフェリー乗り場からまさにフェリーが出るところでした。35分のクルーズという看板を見て行き先も確かめず飛び乗りました。

c0039428_23302177.jpg甲板にすわって、さてどこに向かうのかと地図を見るとオークランド湾の沖にあるワイヘキ島がその行き先でした。


c0039428_23284143.jpg小さな島々を横目に見ながら進むとやがてワイヘキ島が見えてきました。なだらかな勾配のそれほど大きくはない島です。
c0039428_23273427.jpg入り江にはヨットが浮かんでいます。


波止場のインフォメーションセンターで、「半日の予定でいったい何が出来るでしょう?」とどこか間の抜けたことを聞きました。
「島一周のバスがあるのでそれに乗ったらどうかしら?でも出発までに1時間はあるので、トレイルを歩いて丘の上の次のバスストップまで歩くといいかもしれないわ。きっと楽しめますよ。」案内の女性はおっとりと答えました。

c0039428_23333748.jpg汗ばむような天候だけれど、木立の中はそろそろ秋の気配。大きく茂る木と見えるのは羊歯。見上げるほどの高さです。


バスの到着するはずの時刻になってもバスはいっこうに来ません。人通りのない道端にすわりこんでずいぶん長いこと待ちました。なんの情報もないので待つよりありません。30分以上も待って、やっとマイクロバスくらいの大きさのバスが到着しました。乗客がすでに10人乗っていました。

c0039428_23395930.jpgマイクをつけた運転手さんは、景色の良いところで停車したり、浜辺で休憩時間をとったり慣れた調子で運転していきます。それほど大きくない島にワイナリーと別荘が点在し、道を曲がるたびに美しい入り江が現れます。


のんびりしたワイヘキ島でした。機内持ち込みバッグを抱えたまま迷い込み、バスの中でも結構居眠りしながらでした・・・・。
[PR]
by small-small-world | 2005-05-24 23:49 |    ニュージーランド2005 | Comments(0)

c0039428_22194548.jpgニュージーランドのオークランドで5月14日から18日まで5日間を過ごしました。南半球のニュージーランドは今、秋。北半球でいえば11月ですが半そでで歩いていても大丈夫なくらいの陽気で、気温も今の日本と同じくらい。もう盛りを過ぎたとはいえ、草花やバラの花もきれいに咲いていました。秋を感じさせるのは木の葉。赤や黄色に色づき始めていました。


c0039428_22203996.jpgオークランドはCity of Sails とも呼ばれる海に囲まれた明るい雰囲気の穏やかな街です。裏通りを歩いていても、夜遅く歩いていても危険な感じはありません。人々の雰囲気もどこかゆったりおだやかです。


移民の受け入れに寛容な国柄ですから、街中には色々な人種が自然に歩いています。
アジア系で目立つのが中国系の人たち。目抜き通りのクイーン・ストリートを歩いていると中国語を話す若者たちの多さに驚きます。中国系のファーストフード店や食堂の看板が並ぶ一画はまるで香港にでもいるみたいでした。

滞在したのはスカイタワーの足元のスカイシティホテル。ここから坂道を降りるとフェリーの船着場まで15分くらい。目抜き通りのクイーンズ・ストリートまでは5分位の便利なホテルです。
[PR]
by small-small-world | 2005-05-24 22:23 |    ニュージーランド2005 | Comments(0)