当尾を歩く

高校の修学旅行で訪れた浄瑠璃寺
もう一度訪れてみたいと思いつつ、京都府の南端にあり、交通の便が悪そうなので、時間的に難しいのかと思っていました。
今回一泊で正倉院展を訪れるので2泊目に訪れられないかとPCで検索したところ、なんと近鉄奈良駅からバスが出ているではありませんか。

朝9時10分発の浄瑠璃寺行のバスはほぼ満員。
平日のせいか乗客の平均年齢は70歳越え?

浄瑠璃寺でバスを乗り換え、コミュニティバスで岩船寺へ。
バスは山道をとおり、ひなびた山里へ。
山里ではあるけれど、立派な農家が立ち並ぶ集落。

この辺り、現在では山里だがかつては奈良盆地の奥山、
聖武天皇が5年間にわたり都とした恭仁京もそれほど遠くはありません。

集落の奥、石段を上ると岩船寺
c0039428_21315268.jpg
天平時代建立の緑に囲まれた静かな寺。本尊は平安時代のもの
木立の奥の小高い所には室町時代の三重塔
c0039428_21255104.jpg

山門の横てにひっそりある石仏も鎌倉時代の重要文化
c0039428_21255423.jpg

さて岩船寺からは山道を浄瑠璃寺へ。
あとさきになって歩いているシニア3人連れは奈良市内から。
よく3人で散歩をする仲だとか。浄瑠璃寺までのバス代もただだとか。
「まあ、そんな遠くからわざわざ?」
感心されてしまいました。
近くに住んでいるとそんなものなのでしょうね。

山道の途中の山肌に大きな花崗岩
その岩肌に刻まれた鎌倉時代の摩崖仏

山林に庵を結び、コツコツと彫り刻んだものなのでしょうか。

  のみ跡に石工の祈り蔦紅葉

岩陰の湧水の上に彫られた一願不動
願いを一つだけ一心に祈ればかなうといわれているとか
c0039428_21255987.jpg

ひなたにある巨岩に彫られた「わらい仏」なんともいえぬ柔らかな笑顔が魅力的
c0039428_21253551.jpg
c0039428_21361282.jpg
阿弥陀地蔵摩崖仏
それぞれに鮮やかな黄色のフォックスフェイスが手向けられています。
c0039428_21254175.jpg
c0039428_21313543.jpg

藪の中三仏摩崖仏
c0039428_21254560.jpg

石仏をたどりながら歩いているうちに浄瑠璃寺に到着
細い参道
小ぶりな山門
魅力的なエントランスを抜けると浄土世界が一挙に開けます。
c0039428_21251371.jpg

まずは此岸。
小高い場所にある三重塔へ。
c0039428_21382851.jpg
此岸からは池を隔てて彼岸の本堂が望めます。池には空と本堂が映り込んでいます。
c0039428_21250120.jpg

本堂には九体の阿弥陀仏
世田谷区の浄真寺(九品仏)の阿弥陀仏と比べると小ぶり。
堂内にずらりと並ばれているお姿に気持ちが引き締まります。

特別に御開帳されている吉祥天女像
厨子の中にまつられているせいか赤い彩色の衣には細かい截金でデザインが施されています。
完成時には、さぞ華やかだったことでしょう。

昼食は門前の「あ志び乃」で。
先日、BSで五木寛之の「百寺巡礼」で「浄瑠璃寺」の再放送をしていたのですが、その中でも紹介されていました。再放送するにあたって、またTV局が取材に訪れたのだそうです。
c0039428_21244780.jpg
本当に浄瑠璃世界に迷い込んでしまったかのような一日でした。




[PR]
# by small-small-world | 2016-12-08 21:40 | 秋の奈良2016 | Comments(0)

佐保路を歩く

最近ほぼ毎年出かけている正倉院展。今年も一泊二日ででかけてきました。
朝早く出発すると10時過ぎには奈良に到着してしまいます。
そのまま正倉院展に行ってもよいのですが、入館までに1時間は待たされるのは確実なので、今回は週末の夜間開館に見学することにしました。
これは大正解の選択でした。4時半に行ったら入館の行列はなし。さらに館内のために10分ほど待機させられたので、客足が引いたところで入館できたのはラッキーでした。

さて、天気は快晴。
午前10時から午後4時まで何年ぶりかに佐保路を歩くことにしました。

一日乗り放題の500円のバスチケット。
キャンペーン中で、愉快な木札になっていました。これを首からぶるさげて、いざ、出発。

まずは不退寺。
在原業平が開基したと伝えられる寺。
どこかのどかな山門。
境内は自然に生い茂るままにしているのか、かえって情緒が感じられます。
c0039428_23364545.jpg
堂内の聖観音は在原業平が彫ったと伝えられる像
かつては彩色されていたのでしょうけれど、かなり剥落しています。

        観音の肌の剥落秋深し

高速道路を渡るとウワナベ古墳
この辺りから秋篠寺にいたるところに古墳が多く、佐紀古墳群と称されています。
c0039428_23365565.jpg
仁徳帝の皇后の磐乃媛の古墳もあり、興味をそそられますが、今回はパス。
海竜王寺
以前訪れた時は人影もなく寂しいお寺と感じましたが、天気がよいせいか訪問者も多いようでした。
c0039428_23370326.jpg
堂内にある五重塔小型だからといってあなどるべからず.国宝です。
c0039428_23381731.jpg
法華寺
光明皇后のお姿に似ているという十一面観音を開帳中。
光明皇后はその筆跡を拝見すると男勝りのはっきりした方だったのではなかったかと思うのですが、法華寺の十一面観音もりりしいお顔立ちです。
c0039428_23382506.jpg
昼食はどこかコンビニでも立ち寄って調達するつもりだったのですが、佐保路のあたりにはコンビニがまったく見当たらず。
次は秋篠寺へと考えていたのにバスの便も不便。
困った!と思っていたら、奇跡のようにタクシーが通りかかりました。
ちょうど車庫に戻るところだったようです。

途中でコンビニに立ち寄ってもらってから、秋篠寺へ。
秋篠寺の本堂は武骨なほどに装飾のない建物。
入口を入ったところに、ミューズと呼ばれる技芸天。
優し気に首をかしげた像です。
c0039428_23385021.jpg





[PR]
# by small-small-world | 2016-11-14 23:32 | 秋の奈良2016 | Comments(0)

シュルーズベリーから最後の目的地オックスフォードへ。
オックスフォードへは8年前に来たことがあるのですが、レンタカーが故障してしまい町の中に入れなかったという因縁の地。
今回は再挑戦です。

土曜日の午後だったからでしょうか。
大変な人出でした。
観光客の少ないチェスターやシュルーズベリーを回った後だったのでちょっと人疲れしてしまいました。
c0039428_22323976.jpg

翌朝、出発前にほとんど人のいない通りを散歩しました。
トリニティ・カレッジも外からだけの見学でしたが、雰囲気だけを楽しみました。
ジョギング中の白髪の老人はオックスフォード大学の教授だったのでしょうか。
歴史あるカレッジの並ぶこんな町で研究できる学生たちは幸せですね。

c0039428_22323635.jpg
c0039428_22323039.jpg


[PR]
# by small-small-world | 2016-08-27 22:33 | スコットランドとイングランドの旅2016 | Comments(0)

チェスターからオックスフォードに移動する間にどこかで一泊してゆっくりしましょうと地図をにらんで選んだ街、シュルーズベリー。
あまり知られていないし、きっと静かな田舎町に違いない・・・・・・。

チェスターのレンタカー・ステーションのスタッフから
「明日はどちらへ?」と聞かれたので、
「シュルーズベリーへ」と答えたら、
肩をすくめ、「ふん」ともう一人のスタッフと顔を見合わせます。

あまり期待はしていないけれど、シュルーズベリーってどんなところなのでしょう。

チェスターからはウェールズの鉄道会社
半分以上ウェールズ内を通ります。もちろん駅の表示はウェールズ語併記です。
イギリスの鉄道旅は緑の中を走ります。癒される時間です。
下の写真はシュルーズベリー駅
c0039428_10114512.jpg
どんな田舎町なのかと思っていたのですが、
観光客の姿をあまり見かけませんでしたが、通りには穏やかに歩く人たちがあふれています。
c0039428_10105915.jpg

シュルーズベリーは蛇行したセヴァーン川の巾着形の土地に開けた町。
巾着の入り口にあたるところに駅があります。
c0039428_10094632.jpg
北ウェールズの毛織物などの通商で栄えた町で、町の中心部に1595年に建てられたマーケットホールがあります。
c0039428_10111001.jpg

街中には木組みの家があります。チェスターの家々に比べるとずっと素朴な感じです。
穏やかでのんびり歩くのに楽しい街です。
c0039428_10110491.jpg
c0039428_10104925.jpg
c0039428_10101787.jpg
c0039428_10101252.jpg
c0039428_10100700.jpg
シュルーズベリーは、チャールズ・ダーウィンの生まれた街。
彼の学んだ学校の建物は公立図書館になっていますが、その前にダーウィンの銅像がたてられていました。
c0039428_10102294.jpg


駅の近くのシュルーズベリー城は軍事博物館になっています。
穏やかで平和なシュルーズベリーですが、しばらく前にテロで内部が破壊されたと聞いて驚きました。
軍事に関する展示ですから、勝者と敗者があるのは当然のこと。敗者にとっては面白くはありませんね。
c0039428_10102973.jpg
c0039428_10104298.jpg

川の対岸にあるシュルーズベリー・アビー
20年ほど前、シュルーズベリーを舞台にした「修道士カドフェル」というTVドラマを放映していたそうです。
原作はエリス・ピーターズの連作ミステリー小説だということなので、出発前にその第1巻「聖女の遺骨求む」を読んでいました。
c0039428_10095913.jpg

12世紀のシュルーズベリー・アビーが舞台。
巡礼者をたくさん引き寄せ、修道院を繁栄させるため、修道院長はウェールズの寒村に葬られている聖女の遺骸を盗み出そうと画策。
いろいろあった後、修道士カドフェルの知恵で遺骸を持ち帰り、その後修道院は繁栄していく、といったあらすじでした。

アビー内にあった修道院の歴史についての展示をみると、ウェールズから聖女の遺骸を持ち帰ったのは史実だったとのこと。
史実をもとにミステリー小説ににしていたのですね。
c0039428_10095113.jpg

夕食は、15世紀の建物のパブ「スリー・フィッシュ」で。
c0039428_10092680.jpg
c0039428_10093869.jpg

どんな田舎町かと思っていたシュルーズベリーですが、おだやかでかわいい町でした。






[PR]
# by small-small-world | 2016-08-27 10:21 | スコットランドとイングランドの旅2016 | Comments(0)

チェスターからウェールズまでは、わずか10数キロ。
チェスターでレンタカーして、世界遺産の古城、コンウィ城まで日帰りで行ってきました。 

コンウィはウェールズの北西の端。
イングランド王エドワード1世がウェールズを制圧後、1283年からわずか4年半で完成させた城です。
石材はチェスターから、鉛はウェールズ北岸のフリントから、鉄はチェスターの東のスタフォードシャーから運び、1500人もの石工を』使って完成させたのだそうです。中世の王権、恐るべし!

当時ウェールズ人異国とみなされていて、城壁内にイングランド人を移住させて街を造り、イングランド人の兵士が城を守りました。
保存状態がいいということですが、現在では廃墟に近いというのが本当のところでしょう。

インフォメーションセンターの背後にある木製の階段を上り、城壁を歩いて城に向かいます。
c0039428_15453311.jpg
c0039428_15452563.jpg

城の入り口にある看板は英語とウェールズ語が併記されています。
ウェールズでは、当たり前なのでしょうが、両方の言葉で表示されています。
c0039428_15451791.jpg

コンウィ城は、8つの円柱形の塔を持つ巨大な城です。
往時には威容を誇ったことでしょう。
c0039428_15450552.jpg

岩山に築かれているので、それを利用して何層にもわたる造り。
塔に登るとはるか向こうまで見渡せます。
c0039428_15445811.jpg

階下に下りる階段
食物の貯蔵にでも使われたのでしょうか。
c0039428_15444259.jpg

大ホールを取り巻く回廊で、観光客の男性が下にいる仲間に向かい芝居がかった様子で手を広げ、大声で台詞らしきことをしゃべると、下にいる女性が同じように大げさに返していました。
たぶんシェイクスピアの一場面だったのではないかと思います。
そんなことをしてみたくなる雰囲気がこの古城にはありました。
c0039428_15444852.jpg

コンウィの街は海に向かってこじんまりと開けています。
c0039428_15443728.jpg

ハイストリートに面して建つプラース・マウル
エリザベス王朝時代の豪商の館です。
c0039428_15443351.jpg

建物もさることながら、建物の中が当時のままに再現されています。
台所には生のハーブがおかれ、リビングの手洗い容器には生のバラの花びらが浮かべられています。
台所にぶら下げられた兎や鹿はまさか本物ではないと思いますが。
c0039428_15442817.jpg
c0039428_15441723.jpg
c0039428_15441226.jpg
c0039428_15440055.jpg

海辺には、世界一小さい家があります。
真っ赤な家の前に赤いマントを着たおばあさんが立っています。
写真を撮っていた観光客のグループにおばあさんは手のひらを差し出しました。
おばあさんのビジネスなんですね。
c0039428_15434725.jpg

コンウィの浜辺で少しのんびりして、チェスターにもどりました。
c0039428_15434280.jpg





[PR]
# by small-small-world | 2016-08-25 15:50 | スコットランドとイングランドの旅2016 | Comments(0)