人気ブログランキング |

大混雑のフェルメール展

c0039428_22404538.jpg混雑していると聞いて、そのうちにと思っているうちに11月。
西洋美術館のハンマースホイ展とあわせて行ってきました。

入場券売り場に長蛇の列(私は上野駅構内で事前に購入したので並ばずにすみましたが)
さらに入場するまで4列縦隊で約10分待機

やっと入場して第1室に入るとここも大混雑
フェルメールのお相伴でやってきたデルフト派の画家ふたりの絵は人ごみの後ろから垣間見てお目当てのフェルメールの絵の前へ。

今回日本に来たのは7作。
フェルメールの全作品は30数品のみ。
いつの日か全作品を鑑賞したいものと夢見たこともあったけれど、目録でチェックしてみるとすでに20作以上は目にしたことがあるようです。
アムステルダム・ハーグ・ロンドン・ウィーン・パリの美術館でかなりの数を見、4,5年前に大阪で特別展があったときに見に行き・・・、そのほかにも1.2作ずつ来日しているので、いつの間にか20作以上になってしまったのでしょう。
今回エディンバラやアイルランドからも来日しているので、あとはニューヨーク・ワシントンを訪れればほぼ全作になるのですが、なかなかむずかしそうです。

c0039428_2352340.jpgフェルメールの地デルフトには1999年のちょうど今頃訪れたことがあります。
建物の壁のツタの葉が美しく真紅に色づいていました。
オラニエ公ウィリアムの血を引くオランダ王家の墓所のある新教会の塔がそびえる静かな町でした。
フェルメールの作品のほとんどはデルフト市庁舎の広場に程近い彼の家の部屋を舞台に描いているのです。彼の絵をみるたびにデルフトの静かなたたずまいを思い出します。

c0039428_23133676.jpg帰りは御徒町方面へ
久しぶりにアメ横を通り抜けてみました。
ここも平日なのに人出が多いのに驚きました。
目の前でどんどんまけてくれるので、ついつい魚を買い込みました。
安かったので心配でしたが、美味しい中トロの刺身。しかも格安でした。
by small-small-world | 2008-11-06 23:15 | ☆散歩道 | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る