Leavenworth~Forty letters from Seattle(2)

Evergreen Stateの愛称で呼ばれるワシントン州
シアトル市内を抜けると一面の森が広がっています。

シアトルから車で北上。
途中で東に折れ、森林地帯をなだらかに2時間ほど登り、やがて渓流に沿う道を下っていくと、急に平地が開けます。
おや、どこに迷い込んだのでしょう。チロル地方のような建物が立ち並ぶ町が立ち現れます。
Leavenworthという町です。

c0039428_21174075.jpg
                      
c0039428_21432530.jpg
               写真はPicasa web に公開されているものを転載


1977年7月5日付けの手紙から
7月2日から4日までは独立記念日の三連休でした。2日はLeavenworthという町へドライブしました。

Leavenworthはカスケード山脈の東側の山腹にある人口1300人ほどの町。山に囲まれ、渓流のほとりにある町はこのあたりでは珍しくはありませんが、この町の特徴は、町中がチロルの町のように作ってあることです。

建物は全部チロルの山小屋のような感じに作られ、看板もドイツ語で書かれています。スーパーマーケットからガソリンスタンドまで山小屋風。お店に入ると売り子は民族衣装。町角では皮の半ズボン、ハイソックスの男の人がアコーディオンを奏でています。お店ではヨーロッパからの輸入品のしゃれた民芸品などを売っています。まるで南ドイツの町に迷い込んだみたいです。
でも通りをぞろぞろ歩いているのはいかにもアメリカ人的な人たち。はるばる山を越え、この谷間の町を訪れた人たちです。

この谷間に最初の開拓者が入ったのは1880年頃のこと。数軒の粗末なマルタ小屋と小さな郵便局のあるささやかな集落にすぎませんでした。

1890年ころ、ここにカスケード山脈を越える鉄道建設の基地ができることになり、大きな製材工場もできて、2階建ての家が立ち並ぶ町ができました。
ところが1920年ごろには鉄道基地は移転、製材工場も営業を停止し、その後町はみるみるうちにすたれてしまいました。

眠ったような町が生き返ったのは1960年頃。町を生き返らせるために町をチロル風に建てて観光事業を起こそうと住民達が話し合ったのです。住民達は、自分達でお金を調達し、独力で町を作り上げたのです。
そして、住民達は町を挙げてドイツの町を演出し、訪れる人たちを精一杯もてなすのです。

それにしても、人々はどうして何時間もドライブして、このチロル風の町にやってくるのでしょうか。
各国から移住してアメリカにやってきたアメリカ人たちは、自分達のルーツに、けっしてもどることのできない郷愁にも似た気持ちを抱いているようです。Leavenworthに多くの人が訪れるのは、アメリカ人である自分達が持っていないふるさとを求める気持ちなのかもしれませんね。


私たちが訪れてから32年がたちました。
「町おこし」に成功した町Leavenworthはどうなっているのでしょう。
町のHPをのぞいてみました。ますます発展しているようでした。
                                   Leavenworth

c0039428_1561349.jpg薄暗い我が家の廊下に長年ぶら下げられたまま忘れ去られているオーストリア製の木製の人形
はるばるLeavenworthまで行った思い出に購入したもの。急にいとおしく感じられ始めました。
[PR]
by small-small-world | 2009-05-31 22:04 |    思い出の街角 | Comments(0)