イタリア街歩き(15)~ミラノ

最後の滞在地ミラノに入りました。ミラノには3泊します。
初ミラノですから、まずは地下鉄でドォーモへ。
白く輝くファサード。圧倒されます。
c0039428_20434960.jpg


おのぼりさんですので、エレベーターで屋上へ登ってみました。
屋上にも彫刻が配置され、見事です。
c0039428_20441711.jpg


ドォーモ周辺は、観光客でいっぱい。
カメラをいじっていたら、近くにいる若者達がこちらに向かって「イエーイ」とポーズを取るのでパチリ。
明るい日差しのもとでは誰でも陽気になります。
c0039428_20451281.jpg


ミラノでも、もちろん地図を片手に歩き回りました。・・・・ショーウィンドウの洗練されたファッションをチェックしながら。

ミラノ観光のmustといえば、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」
予約が必要なのですが、イタリアに着いてチケットオフィスに電話したところ、音声はイタリア語のみ。
フィレンツェで宿泊したB&BのマダムBにお願いして電話をかけていただいたところ、8月中の予約はもう受け付けないとのこと。
「残る方法は、とにかく朝一番に行くことよ。そこで頼んでご覧なさい。」というマダムBのアドバイスに従い、朝8時45分にサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のチケットオフィスに行ってみました。
何のことはない。ガラガラでした。
「何時の予約が取れますか?」
「immediately!」
静かに15分間の鑑賞を楽しめました。
日本国内でエージェントに予約を依頼した人は、5000円の手数料を取られたそうです。
最後の晩餐鑑賞には、早起きが一番ですね。

写真左手が最後の晩餐の描かれているサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の食堂
c0039428_21303796.jpg


ところで、フィレンツェのB&BのマダムBからのもうひとつのアドバイス。
「最後の晩餐を見られないとしてもがっかりすることもないわ。最後の晩餐を見るためだけに無駄に時間を使うことはないと私は思うんですよ。私がおすすめするのはこちらよ。」
手渡されたメモはブレラ絵画館の住所と電話番号でした。

ブレラ絵画館はなかなか素晴らしかったと思います。
イタリア絵画の伝統を俯瞰的に楽しめました。
[PR]
by small-small-world | 2009-09-19 21:33 |    イタリア街歩き2009 | Comments(0)