雪の草津

20数年前に家族で行って以来久しぶりの草津温泉へ行ってきました。
温泉街を歩き始めて間もなく曇り空から雪が降り始め、あっという間に積もってきました。
賽の河原には人影もまばら
硫黄の匂い、温泉の湯煙、変色した岩
裏寂れていて、雰囲気満点でした。
c0039428_20385420.jpg

夜になると雪はやみ、東の空には月影が。
寒さのせかライトアップされた湯畑の周囲に観光客の姿は見られませんでした。
c0039428_20444091.jpg

翌朝は、快晴
山も雪化粧し、輝くばかりです。
c0039428_20481820.jpg

白根神社まで登ってみると、一面の雪景色
雪に覆われた笹薮をかきわけ、芭蕉や高村光太郎の文学碑を訪ねました。
c0039428_20515243.jpg

暖かい陽射しに、歩いていると旅館の屋根から、バサッ、バサッと雪が落ちてきます。
「とうとう降りましたねえ」などと土地の人々が声を交わしながら歩いていきます。
昼頃にはすっかり雪も消えていましたが、冬の草津はこんなことを繰り返しながら春を待つのでしょうか。
c0039428_20591054.jpg

[PR]
by small-small-world | 2009-12-06 20:53 | ★旅 | Comments(0)