ビーズの首飾り~Forty letters from Seattle(3)

c0039428_2246579.jpgバンクーバーオリンピックの開会式
選手団入場に先立ってフィールドに登場し舞い踊ったのは、カナダ全土から集まった先住民族たち。



c0039428_22441352.jpg先住民の踊りを見て、久しぶりに取り出してみたのはシンプルなビーズの首飾り
白黒のビーズ。先端には貝殻が付いています・
今から30年以上も前にアメリカ先住民の老婦人からもらったものです。


前にも書いたことがあるのですが、今から30年以上も前、シアトルで1年半ほど過ごしたことがあります。前の記事はコチラ→→→
住んでいたのは、ワシントン大学まで歩いて10分ほど、
ルーズベルト通りに面した古びたアパートでした。
居住者はほぼ全部がワシントン大学の大学院生か海外からの研究者だったと思います。

ある時、私たちの部屋のとなりに1人の老婦人が引っ越してきました。
日に焼けたような浅黒い顔。長い白髪は三つ編みにして肩にたらしていました。
暑い夏の夕方には、ドアの外にすわり、自然の素材でバスケットを編んだりしていました。
すれ違うときに軽く挨拶をするだけで、話をすることはありませんでした。

c0039428_23122980.jpgある大雨の降る晩のこと
我が家のドアをノックする人がいました。
ドアを開けてみるとお隣の老婦人がびしょぬれになって立っていました。
「これから何日間か留守にするので、新聞を預かってもらえませんか」


老婦人は一週間ほど留守にしたでしょうか
預かっていた新聞を引き取りに我が家を訪れました。
「私の息子が亡くなったのです・・・・・」
憔悴した様子の老婦人からその時手渡されたのが、このビーズの首飾りです。

それから間もなく、地元のシアトルタイムズにこの老婦人についての記事が掲載されているのを見つけました。
老婦人の名はヘーゼルさん。ワシントン州南部の先住民族の出身でした。
先住民族は白人の開拓の歴史の中で、先祖から住み慣れた土地を明け渡し、居留地として定められた条件の悪い土地に住むことを余儀なくされていて、生活も楽ではありませんでした。
ヘーゼルさんは居留地で小学校の先生をしていたのですが、居留地の生活レベルを上げるため手工芸品を作る技術を伝承させたいと退職後ワシントン大学で学んでいたのです。

ヘーゼルさんの亡くなった息子さんにはそれまで何度か出あったことがありました。
アパートの階段を2段おきに飛ぶように登ってくる快活な若者でした。
彼はヘーゼルさんの住む居留地から初めてワシントン大学の医学部に入学し、部族の期待を一心に担っている若者だったのです。

それからしばらくの間、夜になるとヘーゼルさんの部屋からは祈りの声が聞こえてきました。

アメリカ開拓歴史の中で、先住民は犠牲を強いられてきたのですが、今回のバンクーバーオリンピックの開会式では、先住民への配慮が強く出ていました。
先住民の置かれている状況が、良い方向に動いてきたのでしょう。そう願いたいものです。

c0039428_22482620.jpgワシントン州内をドライブしていると先住民の集落の入り口にはトーテムポールが立てられているのを目にしました。
シアトルを去るとき、ダウンタウンの店で購入したトーテムポールのミニチュア
  ――シアトル滞在中に関心を持った先住民の文化や神話や生活を記憶に留めておくために。

c0039428_22502889.jpg裏面には作り手の名前が彫られています。


編集者の友人に依頼され、中学生向けの雑誌にアメリカ滞在時のことをエッセイにして連載していました。エッセイには後輩のNさんがイラストを描いてくれていました。この記事の上部にアップしたイラストは、当時の本から転載したもの。私のエッセイを読んだだけで描いてくれたイラストですが、ヘーゼルさんの様子がまさにそのままなのに驚いたものです。

[PR]
by small-small-world | 2010-02-15 22:43 |    思い出の街角 | Comments(0)