石垣島2~~沖縄・八重山の旅(3)

八重山博物館の展示によると、
石垣島で発見された最も古い遺跡からは土器が出土されたそうですが、
その土器を使用した人々はいずこかに去り、
その次の時代の遺跡からは土器が出土しないとのこと

その後の遺跡からは、中国本土産と思われる青磁や染付けの器の破片
海原を漂流し、定住していく海の民がいたのでしょうか。

宮良殿内(みやらドゥンチ)は、琉球王国時代の地頭職にあった宮良氏の邸宅
沖縄本島の住宅とよく似た造りです。

近くにある南嶋民俗資料館も琉球王国時代の士族の邸宅
来訪者があまりいないのでしょうか。お隣で民芸店を開いている家主さんに声をかけて門を開けてもらいました。
米軍に占領されている頃知事をされた吉野高善氏のコレクション。種々雑多何でも並べてありました。

ちょっとおもしろかったのは長押にかかっていたこの写真
幕末に嵐に遭い、長崎に漂着したご先祖が
石垣に帰る船を待つ間に長崎で撮影した銀板写真だそうです。

桃林寺にある権現堂は1614年建立。国の重要文化財に指定されています。
桃林寺は薩摩藩から、石垣島には寺院がないといわれ建立された寺院
石垣島では仏教はそれ以後導入されたまさに外来宗教なのですね。
現在では、仏教はどれくらい信仰されているのでしょう。

石垣島の歴史の一端をのぞいて、私はそれなりにおもしろかったのですが
Haruくんにとっては、大人に連れまわされているだけ。009.gif015.gif




それはコチラ→→→★★です。

人っ子ひとりいない園内
動物園といっても山羊、羊、鴨の親子、ウサギ、ケージの中にオウムと猿一匹くらいしかいないのですが、Haruくんは山羊に草を存分に食べさせ、大喜びでした。003.gif

Haruくんにも喜んでもらえる場所があって、よかった043.gif
[PR]
by small-small-world | 2010-06-20 18:17 |  沖縄・八重山の旅2010 | Comments(0)