西表島クルーズ~沖縄・八重山の旅2010PartⅡ

西表島といえば手付かずの大自然
前回(今年5月)は、レンタカーで回りましたが、海岸沿いをただ走るだけではつかみきれないほどの大自然です。

今回は沖縄在住のHaru君一家のお誘いで、石垣島から出港するクルーズ船に乗ってた探訪しました。
                                 クルーズ情報はコチラ⇒☆

石垣島出港午前9時
真新しい双胴船
コバルトブルーの海に浮かぶ島影を楽しみながら快適なクルーズです。

上原港に寄港した後、沖合いに浮かぶバラス島横を通ります。
珊瑚の殻が堆積できた真っ白な雲のような島がぽっかり浮かんでいます。
おや、小船と人影が。
こんな場所でシュノーケリングしたら、さぞきれいなことでしょう。
c0039428_138849.jpg


バラス島の先にある鳩間島に上陸しました。
周囲わずか4キロ
人口40数人のちいさな島
水を西表島から運ぶ以外は自給自足なのだそうです。
写真は鳩間島の船着場。
白い船がクルーズの双胴船です。向うに見えるのは西表島です。
c0039428_1392377.jpg



西表島上原港に立ち寄った後、西岸に沿って航行していきます。
真っ青な海
「あ、海亀が泳いでいる!」と声があがりました。
・・・残念、私は見逃しました。

船浮港に入港
船浮までの陸路はありません。陸路のある白浜というところから日に数本の連絡線が通うだけの秘境中の秘境です。
c0039428_13183331.jpg


人口40人ほど。
真珠養殖に使うアコヤ貝の養殖が主な産業だそうです。
この小さな集落にも、立派な小中学校があります。
生徒数3人。
でも、運動会の時には近隣の集落からも400人くらい集まるそうです。ちなみに地区対抗リレーの賞品はヤギ1頭だそうです。
c0039428_1317999.jpg



イリオモテヤマネコがはじめて捕獲された場所もこの船浮の地区
もともと島民にはイリオモテヤマネコの存在は知られていたのですが、復帰後の調査で新種と認定されたのだそうです。
当時300頭はいたイリオモテヤマネコ。交通事故にあうケースも増え、現在では80頭ほどになってしまったそうです。
c0039428_13165312.jpg



船浮港からグラスボートに乗り、珊瑚礁の海を探索
c0039428_13113575.jpg





小さな丘を越え、イダの浜まで行ってみました。
白砂の美しい浜でした。

後で知ったのですが、この秘境中の秘境船浮の集落周辺の土地がリゾート業者に買い占められているとのこと。心配です。
[PR]
by small-small-world | 2010-08-12 16:24 |  沖縄・八重山の旅2010 | Comments(0)