フランスの美しい村を訪ねて(9)~Collonges-la-Rouge

その名も「赤い村コロンジュ」という名前の美しい村を訪ねました。
小さな村ですが、村中の建物が一つ残らず真っ赤な砂岩で作られています。
なんとも素敵な村です。
「フランスの美しい村」第1号の村だそうで、その事務局が置かれているということです。
c0039428_2315831.jpg

c0039428_2315339.jpg



チュレンヌからは車で10分ほど。かつてチュレンヌの重臣の領地だった村です。
16世紀には、チュレンヌの領主が休日を過ごす村でもあったそうです。
c0039428_23151466.jpg



村の奥のほうには11世紀に建てられた教会があります。もちろん赤い砂岩で作られています。
タンパンは12世紀のもの
c0039428_2315189.jpg



村の外側には16世紀に建てられたエレガントなマナーハウス。
c0039428_23232027.jpg



こじんまりとしていますが、魅力的な村でした。
[PR]
by small-small-world | 2010-09-24 23:07 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)