フランスの美しい村を訪ねて(11)~長旅の知恵?

今回の旅行に持参したのは、トラベル・クッカーという電熱コンロとお米。
朝食は、これで炊いたご飯、インスタントの味噌汁、梅干や海苔。それに果物とコーヒー。
c0039428_2228277.jpg



昨年イタリア旅行したとき、ラヴェンナのカフェでたまたま隣り合わせた旅なれた日本人のシニアのご夫婦 (⇒⇒☆)が、コンロを持参して、簡単な料理をしていると話していたのに影響されて、私たちも試してみたのです。
             

フランスのホテル料金は、朝食代別途で設定されているようです。イギリス、イタリア、ドイツでは朝食代込みだったような気がするのですが。
朝食代は3つ星クラスのホテルで8~15ユーロ(1000円から1500円)。値段はともかく、メニューは数種類のハム&チーズ、ヨーグルト、果物それにコーヒーとパン。どこでも同じ。毎日では飽きてしまいます。

日本食がないと駄目な私ではありませんが、キャンプ気分でご飯を炊き、暖かいのを食べられるのは、とっても楽しいことでした。
[PR]
by small-small-world | 2010-09-25 22:35 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)