MOA美術館

伊豆高原の帰り道、熱海で下車してMOA美術館に行ってみました。
以前から一度行ってみたいと思っていたのですが、熱海は日帰りするには遠く、かといって泊りがけでいくには近いので、なかなか行く機会がありませんでした。

熱海駅からバスで山登り。美術館入り口を入ると何本ものエスカレーターを乗り継いでさらに山の上に。
エレベーターの空間は不思議な雰囲気です。
c0039428_23413923.jpg



登った先にあるロビーからの景色は絶景です。
伊豆半島が一望できます。
c0039428_23413673.jpg



美術館では会館30周年記念展として岩佐又兵衛絵巻展を開催中でした。
3期ににわたる展示で、今の時期は重要文化財「山中常盤物語」の展示でした。
12巻150メートルにもおよぶ絵巻のほぼ全部が紐解かれて展示されていました。

物語は、源氏三兄弟の母常盤御前が美濃の山中で盗賊に殺められ、その後牛若丸が仇を討つという当時はやりの浄瑠璃話。
詞書を読み、絵を眺め、絵巻物の世界を楽しみました。

岩佐又兵衛という絵師のことは初めて知りました。
父は織田信長の家臣。
その父は信長に謀反を起こして斬殺されたが、又兵衛はまだ2歳だったので石山本願寺に預けられて成長。その後も当時の有名な武将に仕えてるという波乱万丈の生涯を送った人物だそうです。
[PR]
by small-small-world | 2012-04-04 23:42 | Comments(0)