世田谷・桜散歩

桜が満開の日曜日。さて、どこにでかけましょう。

「いつも参考にしている「東京さわやか散歩」(山と渓谷社)から選んだのは、「美術館めぐりと馬事公苑」のコース。
終点が桜の名所砧公園というのがポイント。

桜新町駅で下車。
まずは長谷川町子美術館へ。
ちょうど桜の絵の特別展を開催中。本物の桜以上の美しさでした。
c0039428_21542858.jpg

住宅街の桜を楽しみながら、向井潤吉美術館へ。
民家のスケッチで知られた向井潤吉画伯のご自宅が美術館になっています。「陸奥国の民家」展を開催中でした。
c0039428_2153192.jpg

ほとんどの作品が1960年から1970年にかけてのもの。
当時すでに朽ちかけていた茅葺きの民家。現在ではどうなっているのでしょう。向井画伯のスケッチは貴重な記録でもあります。

ボロ市通りを経て馬事公苑へ。
結構距離の長いウォーキングになっているので、馬事公苑は塀の外から。

砧公園の中は予想以上の人出でした。
だいぶ前にお花見に来たときにはこれほどではなかったのですが、今年は春が遅く、みんな桜の開花を待ちわびていたのですね。
c0039428_21531481.jpg



広い芝生は人で埋め尽くされていました。
みんな和やかで、幸せな気分が満ちていました。
いいですね、お花見って。
c0039428_21531280.jpg

[PR]
by small-small-world | 2012-04-08 22:02 | ☆散歩道 | Comments(0)