アルヘシラスへの道~Hola! from Spain(17)

ロンダの朝
霧が深く、それほど遠くない峡谷の対岸が見えないほど。それに雨も降っています。
夜中の風が強かったらしく、ホテルの庭の重いガーデン・パラソルがひっくり返っています。

山越えの道についてホテルの人に尋ねると霧が深く、前方が見えづらいだろうとのこと。
雨がやむのを午前10時半まで待って、やっと出発しました。

霧が深くては大変でしょうと、急に方向を変えました。
コスタ・デル・ソルからはアフリカ大陸が見えると出発前にいわれたのを思い出したのです。

それでジブラルタルが見える街アルヘシラスへ向かうことにしました。
ロンダの街を出るとまもなく雨もあがりました。

思いつきでアルヘシラスへ向かうことにしたものの、どんな道を通るのかまったく想定していませんんでした。

ロンダを出るとまもなく、道は急な山道に。
地球の創成期の褶曲がそのままといった断崖上を急カーブを繰り返しながら進んでいきます。
人家はまったくない道です。

たまに道の下の斜面にはりつくように広がる集落を通り過ぎます。

急いで集落名をメモしました。
たとえば、Gaucin,
Atajate,
Benadald
Algatocin etc.

たまにMirador という標識がありました。
展望台という意味だったこと、帰国してから知りました。
立ち寄って眺めればよかった・・・・

走行中に窓から撮った写真
向うの山肌の中央に白っぽく見えるのが集落
こんな感じに斜面に白い村があるのです。
c0039428_22532946.jpg
こんな辺鄙な場所に開かれた村
農地もなく、何を生業にして暮らしてきたのでしょう。

麓近くの村の脇に停車して写真を撮りました。
村の名前はわからないのですが・・・・・
c0039428_22543319.jpg
c0039428_22541872.jpg


山地を降りるとまもなくアルヘシラスに入りましたが、ここでまたGPSが不調。
波止場の倉庫のあたりに入ってしまって、一苦労。
アフリカ大陸に渡るフェリー乗り場の大きな建物を目指し、やっと駐車場に車を停めることができました。






















[PR]
by small-small-world | 2014-08-11 22:57 |   スペイン・アンダルシアの旅 2014 | Comments(0)