シュルーズベリー~スコットランドとイングランドの旅(15)

チェスターからオックスフォードに移動する間にどこかで一泊してゆっくりしましょうと地図をにらんで選んだ街、シュルーズベリー。
あまり知られていないし、きっと静かな田舎町に違いない・・・・・・。

チェスターのレンタカー・ステーションのスタッフから
「明日はどちらへ?」と聞かれたので、
「シュルーズベリーへ」と答えたら、
肩をすくめ、「ふん」ともう一人のスタッフと顔を見合わせます。

あまり期待はしていないけれど、シュルーズベリーってどんなところなのでしょう。

チェスターからはウェールズの鉄道会社
半分以上ウェールズ内を通ります。もちろん駅の表示はウェールズ語併記です。
イギリスの鉄道旅は緑の中を走ります。癒される時間です。
下の写真はシュルーズベリー駅
c0039428_10114512.jpg
どんな田舎町なのかと思っていたのですが、
観光客の姿をあまり見かけませんでしたが、通りには穏やかに歩く人たちがあふれています。
c0039428_10105915.jpg

シュルーズベリーは蛇行したセヴァーン川の巾着形の土地に開けた町。
巾着の入り口にあたるところに駅があります。
c0039428_10094632.jpg
北ウェールズの毛織物などの通商で栄えた町で、町の中心部に1595年に建てられたマーケットホールがあります。
c0039428_10111001.jpg

街中には木組みの家があります。チェスターの家々に比べるとずっと素朴な感じです。
穏やかでのんびり歩くのに楽しい街です。
c0039428_10110491.jpg
c0039428_10104925.jpg
c0039428_10101787.jpg
c0039428_10101252.jpg
c0039428_10100700.jpg
シュルーズベリーは、チャールズ・ダーウィンの生まれた街。
彼の学んだ学校の建物は公立図書館になっていますが、その前にダーウィンの銅像がたてられていました。
c0039428_10102294.jpg


駅の近くのシュルーズベリー城は軍事博物館になっています。
穏やかで平和なシュルーズベリーですが、しばらく前にテロで内部が破壊されたと聞いて驚きました。
軍事に関する展示ですから、勝者と敗者があるのは当然のこと。敗者にとっては面白くはありませんね。
c0039428_10102973.jpg
c0039428_10104298.jpg

川の対岸にあるシュルーズベリー・アビー
20年ほど前、シュルーズベリーを舞台にした「修道士カドフェル」というTVドラマを放映していたそうです。
原作はエリス・ピーターズの連作ミステリー小説だということなので、出発前にその第1巻「聖女の遺骨求む」を読んでいました。
c0039428_10095913.jpg

12世紀のシュルーズベリー・アビーが舞台。
巡礼者をたくさん引き寄せ、修道院を繁栄させるため、修道院長はウェールズの寒村に葬られている聖女の遺骸を盗み出そうと画策。
いろいろあった後、修道士カドフェルの知恵で遺骸を持ち帰り、その後修道院は繁栄していく、といったあらすじでした。

アビー内にあった修道院の歴史についての展示をみると、ウェールズから聖女の遺骸を持ち帰ったのは史実だったとのこと。
史実をもとにミステリー小説ににしていたのですね。
c0039428_10095113.jpg

夕食は、15世紀の建物のパブ「スリー・フィッシュ」で。
c0039428_10092680.jpg
c0039428_10093869.jpg

どんな田舎町かと思っていたシュルーズベリーですが、おだやかでかわいい町でした。






[PR]
by small-small-world | 2016-08-27 10:21 | スコットランドとイングランドの旅2016 | Comments(0)