チェスキークルムロフ(1)~チェコ&ドレスデン(10)

フルボカー城からチェスケー・ブディエヨヴィツエまで戻り、
バスステーションのあるショッピングモールで小休止。
(カフェの物価の安さにびっくり)

c0039428_21504326.jpg

そこからチェスキークルムロフまでは30分バスで30分ほど。

バス停から少し上ると観光写真でおなじみのチェスキークルムロフの街が見えてきました。

c0039428_21492297.jpg

チェスキークルムロフは蛇行するヴルタヴァ川に囲まれた巾着のような土地1253年頃に開かれた町
1302年からロゼンベルグ家がこの街を支配するようになり、川岸の丘に城を築き、街を発展させました。
領主はロゼンブルグ家、エッゲンブルグ家と引き継がれ、1719年からはドイツ南部の有力貴族シュヴァルツエンベルグ家がこの一帯を支配することになりました。
その間城はゴシック様式からルネサンス様式へさらにはバロック様式へと改装されていきました。

領主のシュヴァルツエンベルグ家はフルボカー城に居住していたのですが、街は城下町として栄えました。
1910年当時の住人の85%はドイツ系。チェコ人は隷属的立場に置かれていました。

1939年シュヴァルツエンベルグ家が国外に逃れ、第二次大戦後ドイツ系住民が国外に追放処分を受けた後、チェスキークルムロフは荒廃し、街はロマ人たちが住みつくようになりました。

ビロード革命後、1992年街は世界遺産に認定され、街は修復され、ホテルや土産物店が立ち並ぶ観光都市になっていったということでした。
1970年当時チェスキークルムロフを観光で訪れるという話を聞かなかったのはそういうわけだったのですね。

c0039428_21490479.jpg

夕方散歩にでました。

c0039428_21470926.jpg

夕食は ホテルの隣にあるクルチュマ・フ・シャトラフスケーというレストランで。
居酒屋風の店内にレンガ作りの炉があり、マスターが汗を拭きながら、肉をグリルしてくれるという野趣あふれる店でした。
おもしろいお店でしたが、狭い店内は客は賑やかな中国人客が多く、そこはやや興ざめでした。

c0039428_21480000.jpg


c0039428_21474343.jpg



 





by small-small-world | 2018-08-16 21:53 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)