チェスキークルムロフ(2)~チェコ&ドレスデン(11)

朝のチェスキークルムロフの広場
観光用の気球が上がっています。

c0039428_14470158.jpg

朝早く空いているうちにとチェスキークルムロフ城に行ってみると
なんと月曜日はお休み。
フルボカー城は月曜日お休みとわかっていたのですが、
チェスキークルムロフ城が月曜日休みとは。ガイドブックの記載を見落としました。

c0039428_14511601.jpg

城内には入れませんでしたが、塔と博物館には入れました。
塔の上からは街や遠くの丘が見渡せました。

c0039428_14501333.jpg

c0039428_14500781.jpg

博物館ではチェスキークルムロフを治めた代々の領主の肖像やエピソードをゆっくり読みながら見学しました。

c0039428_14515651.jpg


c0039428_14514830.jpg



有力な貴族らしく、専属の楽隊があったらしく管楽器や太鼓などの展示もありました。

c0039428_14522585.jpg

最後の領主夫妻。チェコから脱出後 領主は1950年、妻は1979年に亡くなられたということです。

c0039428_14523116.jpg

観光写真では遠景しか見ることのなかった塔
ピンク色に塗られていたとは知りませんでした。

c0039428_14534752.jpg

宮殿の壁や軒下
石を積んだように見えるのは絵。

c0039428_14590113.jpg

彫像が飾ってあるかと思えば、これも絵。

c0039428_15001235.jpg

16世紀頃のボヘミア地方で流行したスグラフィト技法=だまし絵だそうです。

川岸まで下りて、昼食にしました。
塔で一緒だった韓国からの女性にここで再会しました。
私はパスタ。
つれあいは豚膝肉のロースト。
固くて、完食は無理だったようです。

c0039428_15012712.jpg



川では高校生のサマーキャンプでしょうか、カヌーの一団が早瀬を渡っていきました。

c0039428_15013534.jpg

クラフト市が開かれていましたので、地元の家庭で織られた麻布を購入しました。

c0039428_14492308.jpg

街中で出会ったのは郵便配達の女性
小さい街なので歩いて配達するほうが便利ですね。
c0039428_15024087.jpg
お天気もいいし、気持ちのよい一日でした!

c0039428_15025082.jpg









by small-small-world | 2018-08-18 15:10 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)