人気ブログランキング |

ボタニクス ヒストリック ヴィレッジ(1)~チェコ&ドレスデン2018(22)

今回どのチェコ旅行の計画は、プラハに滞在し、そこからチェスキークルムロフへ行ったり、ドレスデンに行ったり、ボヘミア地方だけではなく、モラヴィア地方にも行ってみようということでした。

さて、最後の一日
モラヴィア地方のブルノかオロモウツまたはチェコの西の端のカルロヴァッリに行くのが当初の計画でした。

でも、プラハ市内、クトナーホラ、フルボカー城、チェスキークルムロフ、マイセン、ドレスデンと連日歩き続け、いささか疲れが出てきました。

年ですね!!
10年前には酷暑の8月にイタリアの街を毎日20000歩も歩いても大丈夫だったのに・・・・。

とはいっても、チェコで過ごす最後の一日をぼんやりと過ごすのはもったいない・・・・・。

「地球の歩き方」にプラハからのエクスカーションの場所として出ていたのが「ボタニクス ヒストリック ヴィレッジ」
どんなところかわからないけれど、のんびりするにはいいかも。
というわけで、出かけてみました。

国内線専用のマサリク駅はホテルのすぐそば
中央駅に比べ、のんびりした雰囲気です。

c0039428_21580617.jpg

駅の表示で行先のオストラOstraを探します。
こまかい地図の中にやっと発見しました。

9時35分発Kolin行きに乗ります。

c0039428_21584235.jpg

国内線の鉄道車内はこんな感じ
2階建てでとてもきれいです。

c0039428_21592252.jpg

Ostra駅
広々した牧草地のただなかにある小さな駅
ホームがあるだけで駅舎もありません。


c0039428_21595791.jpg



c0039428_21594509.jpg

Botanicus Historicke Centrum →→ という小さな木の看板を頼りに歩き始めました。 

人っ子ひとりいない一本道ですが、両側に民家があり、小さな学校らしき建物もありました。

c0039428_22001894.jpg

10分ほど歩いて入り口に到着しました。

c0039428_22012573.jpg





by small-small-world | 2018-11-18 22:26 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る