人気ブログランキング |

ボタニクス ヒストリック ビレッジ(2)~プラハ&ドレスデン (23)

入り口で、この公園内だけで使えるコインを購入しました。
私たちは30グラーツを購入しました。麻袋に入ったコインを持つと妖精の国に入りこんだようにワクワクした気分になります。

c0039428_23545198.jpg

園の中は、まるで中世の農村にでも迷いこんだ見たい。

c0039428_00011943.jpg



c0039428_00012612.jpg

木造の小屋が立ち並んでいます。
紙漉き工場、石鹸屋さん、壺作りの職人さんの家・・
それぞれの家には昔の衣服を着用した村人たちが座っています。

c0039428_23574018.jpg

この村だけで使えるコインを支払うと色々な体験ができるのです。

週末には、人形芝居があったり、大道芸があったり、賑わうそうなのですが、平日でしたので、訪れていたのは、小学生や幼稚園の遠足の子どもだけでした。

私も子どもたちに混じって、色々体験してみました。

紙漉き
分厚い素朴な紙ができました。

c0039428_23574621.jpg



昔ながらの印刷
チェコ語しかできないおじさんが、一所懸命教えてくれました。
遠足の保育園児たちもローラーで版木にインクを塗っていました。

c0039428_00005724.jpg


小学生の子どもたちは、印刷した紙にガチョウのペンでサインしていました。

c0039428_23580167.jpg

香草の壺が置いてあるのは石鹸作りの小屋

c0039428_00011311.jpg




まったく言葉の通じないおばさんの真似をして、石鹸の材料を丸めると、おばさんはアルミを貼った紙でくるくると包んでくれました。

c0039428_00003091.jpg

昼食は村のレストラン
高校生くらいの女の子の作ったクレープは、ちょっとベタベタでした。

c0039428_23581058.jpg

お人形作りの小屋や蝋燭作り
楽しそうな子どもたちはの様子は万国共通ですね。

c0039428_23565813.jpg

c0039428_23572362.jpg



c0039428_23571100.jpg


村の外に出ると広々とした農園
自然化粧品の材料になるハーブ畑

c0039428_00000121.jpg


c0039428_00001779.jpg

のんびりと寝転がり、昼寝でもしたい気分です。

c0039428_23595459.jpg

この公園はボタニクスという自然化粧品の農場の一角だそうです。
村のお店で、その自然化粧品を購入しました。

のんびりとチェコの生活を楽しんだ感じで、観光客でいっぱいのプラハを離れ、思い出に残りました。

by small-small-world | 2018-12-23 00:23 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る