人気ブログランキング |

フィレンツェで料理を楽しむ

どの土地に行っても、市場を歩くのはとっても楽しいこと・・・・・。

フィレンツェではキッチンつきのアパートメントホテルに泊まったので、市場歩きには見て歩く以上の楽しみがありました。

フィレンツェ中央市場まではホテルから10分ほど。(午後2時までしか開いていないのでご用心)

c0039428_21541117.jpg1階には惣菜屋、肉屋、魚屋、チーズ売り場などが並んでいます。

レバーペースト・ハム・バジル・ソース等等
c0039428_21542710.jpgきのこのマリネ・アーティチョーク、

並べ方も食欲をそそります。

c0039428_21544159.jpg牛の胃など、内臓類。

フィレンツェの名物料理は胃の煮物なんです。私は遠慮しましたが・・・・・・


さて、夕食のための買い物です。

c0039428_22131788.jpgまず生のボルチーニ茸500グラム。4ユーロ(600円)で安いと思ったら、食べる時期を過ぎていました。ま、仕方がない・・・・。(いいのは、500グラムで7ユーロでした)
おまけにと香草をつけてくれました。
名前は?と八百屋の親父さんに聞いたら、私のメモ帳に「NIPITELLA」と書いてくれました。
ミントのような香りがします。

c0039428_2216995.jpgスイカ、ブドウ、ベリー類
果物も豊富です。
このメロンは80セント。(100円くらい)甘くて美味しかったです。


c0039428_22193544.jpgさて調理を始めましょう。

大きな蛸9ユーロ(1300円)を大鍋でゆで、食べやすく切り分け、レモンと醤油でさっぱりといただきました。


c0039428_22285335.jpgどっさりのムール貝(3ユーロ、450円)はワインとバターでいためて・・・


c0039428_22302358.jpgボルチーニ茸はどう食べたらよいのかわからないので、とりあえずバターでソテーして。
NIPITELLAのみじんぎりをぱらりと混ぜて。

いい香りです。


c0039428_22335872.jpgそしてこの夜の献立で一番評判がよかったのがこれ。

ムール貝から出たエキスとボルチーニ茸から出たスープ。それに蛸のあまりをきざんで入れ、日本から持参の「さとうのごはん」を入れて作ったリゾットです。
うまみエキスをたっぷり吸っているので、おいしいのが当たり前。


モンタルチーノ・ワインで乾杯!!

おいしかった!
それに、お腹もいっぱい!
by small-small-world | 2006-09-18 22:37 |    イタリア2006 | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る