斑鳩の里サイクリング

奈良・斑鳩1Day チケットを使って斑鳩の里へでかけました。

奈良までの往復料金だけで奈良・斑鳩地域の近鉄・奈良交通などが乗り放題という大変お得な切符です。
本当は山の辺の道を歩く予定だったのですが、このチケットを購入したので急遽行き先を変更しました。

法隆寺は18年ぶり
訪れるたびに1500年の歴史の重みを感じる場所です。

うれしかったのは大好きな中宮寺の如意輪観音に再会できたこと
40年前には、小さなお堂の中、お近くでその微笑に会えたのですが・・・・

c0039428_17492199.jpg修学旅行シーズンなのでしょう
次から次へと日本中の中高生が並んで入ってきます。
伽藍に入り、南大門の前で五重塔と金堂を背景に集合写真を撮るのがお決まりのコースのようです。
騒々しい学校などなく、どの学校も粛々と歩いていたのが印象的でした。


お仕着せの見学旅行型が批判され、体験型の修学旅行や海外への旅行がはやったりしているようですが、修学旅行の機会が人生唯一の歴史史跡見学になる人たちも多いのでしょうし、こういった見学型修学旅行もなかなか良いものだと思います。

昼食後はサイクリング
町立観光案内所では奈良・斑鳩1Day チケットの優待で1時間100円で貸してくれますし、とっても親切。

c0039428_22355114.jpg紅葉に彩られた丘を眺めながら畑中の道をいくと法輪寺や法起寺の三重塔が望めます
サイクリング向けの道が整備されていて、とっても走りやすい・・・
昔はもっとひなびた感じだったと思うのですが、ここにも開発が押し寄せているようです。


これだけのサイクリングでは物足りないので慈光院まで足をのばしました。
「ふた山越さなくてはならないので大変ですよ。」と観光案内所の人に言われていたのですが、山というよりむしろ2回のアップダウンという感じで、この私でもきついところは自転車を押して登って、なんとかなりました。
道路がきちんとしているのでここも快適なサイクリングでした。

大和平野の眺望が有名な慈光院
ここを訪れるのは35年ぶり

小さな坂道を登り趣きある石畳をたどり・・・
懐かしい気持ちで座敷に

大きく開けた縁側からは、青垣のごとき大和の山々と広がる田園が大きく開けているはずなのですが
c0039428_22515334.jpg35年の年月は、景色を大きく変えてしまっていました。

間近に走る自動車道
田園地帯は住宅地に
マンションにゴルフ練習場の緑色のネット


抹茶とお菓子をいただいていると
和尚さんがなかなか含蓄あるお話をしてくださいました

  -お茶室での作法は貴人の日常生活の中にあったからこそ意味を持っていたとのこと
  -ここからの景色が変わってしまったことを嘆く前にこのように変えてしまったのは私たち自身だと知ること
  -「稽古」とは古きを考えるということ

ちょっぴり豊かな気分になりました。

c0039428_2343837.jpg藤ノ木古墳(残念ながら工事中)と法隆寺西側の古い町並みの残る西里地区
を廻って自転車を返車
2時間半のサイクリングでした。
[PR]
by small-small-world | 2006-12-09 17:57 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)