インド・大地の布展

c0039428_1122756.jpg


駒場の日本民藝館で開催中の「インド・大地の布展」へ。


岩立広子氏がインド各地の村々を訪れて収集したコレクションの中から約400点が展示されています。

c0039428_11191327.jpg


天然染料で染められた手織の綿やウールの織物に
刺繍、アップリケ、つづれ織り、絞り染め、刺し子等々様々な技法を使ってあらわされた素朴ながら力のあるデザイン

婚礼の衣装、ターバン、敷物、バッグそれにらくだの前垂れにいたるまでの品々
土の香りのする布たちの美しさに心奪われました。

1階の1室では、日本の東北地方の刺し子やこぎん刺しの衣裳も展示されていました。
藍と白のシンプルな色あい、洗練された幾何学的な文様
これもまたすばらしいものでした。

大地に生きる名もなき女性達の手の技が、日常の生活を美しく彩ってきたことの尊さを思いました。

c0039428_1145226.jpg

この日はハロウィーン
秋が深まる駒場あたり
ハナミズキの並木道も赤く色づいていました。
[PR]
by small-small-world | 2007-11-03 11:47 | ★アジアの手仕事 | Comments(0)