プレストの圧力鍋新調

40年近く愛用したプレストの圧力鍋ですが、実はそそっかしいことに蓋をガスコンロに置いた状態でガスに着火してしまい、すぐに気がついたのですが、蓋の縁のゴムがほんのすこし焦げてしまいました。

鍋として使えなくはないのですが、圧力があまりかからなくなってしまいました。
以前、重りをアメリカのアマゾンから取り寄せたことを思い出し、プレスト用のシリコン製の縁を取り寄せてみたのですが、微妙に蓋のしまりがきつく、圧力がかかりすぎるのではと心配で、せっかく取り寄せたけれど、使用は控えました。

圧力鍋がなくても料理はできるのですが、長年使ってきたのでないと少しさびしい。おせち料理を作るにも少し不便。

思い切ってこれまでのと同じプレストの圧力鍋をアメリカのAmazonに注文しました。
5人家族だったので、これまで使ってきたのは8クオートの大きなもの。
でも今は2人だけ。
4クオートのステンレス製を注文しました。

配達されるまで、わずか10日。(早い!)

c0039428_10573608.jpg

ピッカピカの新品の圧力鍋。
以前のものと比べると圧の調整弁の場所が変わり、取手の付け根の所になっています。

c0039428_10572936.jpg

さて、早速野菜スープを作ってみました。
新しいせいか圧もよくかかるようです。

きんとん、黒豆、おせち料理作りに大活躍。
ちょっと小さいかと思いましたが、ちょうどいいサイズでした。

デパートで、購入すると何万円もする圧力鍋。
プレストは今では国内では購入できないようですが、Amazonから購入すれば、送料を入れても6700円ほど。
お薦めです。

以前の圧力鍋はこちら↓

https://userconf.exblog.jp/entry/?srl=17137070







# by small-small-world | 2019-01-12 11:06 | ★日々の楽しみ | Comments(0)

プラハ最後の夜

c0039428_00020094.jpg


社会主義の時代のプラハはどんなだったのでしょう。
自宅を取り上げられた悲しみを語ったガイドさんの顔を思い出します。

今、チェコの景気はとてもよく、失業率も3%を切るということです。
隣国ドイツの自動車を製造し、国民一人当たりの自動車製造台数は世界2位だそうです。

ボタニクス ヒストリック ガーデンのあるオストラ駅は草原の中にある無人駅でしたが、
着いたとき、空の自動車運搬車両が長い列を作って、プラハ方面から通り過ぎていきました。

帰りにプラハ行きの電車を待っていると、今度はプラハ方面に向かって
何百台というドイツ車、BMWやベンツ、を乗せた車両が通過していきました。

写真を撮り損ねたのですが、車両のしっぽはこんな感じ。

c0039428_00013231.jpg

チェコ観光のキャッチフレーズは、おとぎの国なのかもしれません。
でも、実際には自動車工業の盛んな国なのでしょう。

それから第二次大戦後のドイツ人の追放や財産没収などの裏の歴史ももう一度読み返したいところです。

最後の夕食は、市民会館地下のレストランで。
ミュッシャのデザインのアールヌーボー風のステンドグラスのあるお店でした。

c0039428_00015117.jpg


c0039428_00013880.jpg


どこに行っても中国人旅行者ばかりでしたが、ここで静かに食事していたのは
日本人のシニア世代のツアー客たちでした。

夕暮れの旧市街を歩いてみました。
いつでも観光客がいっぱいのプラハ旧市街です。

c0039428_00020746.jpg



6月上旬のチェコ旅行
7月末からこのブログ旅行記を書き始め、8月中には書き上げるつもりだったのですが
8月20日にひどいぎっくり腰になってしまい、それ以来仕事も忙しくなって、
気にしながらも書き続けることができませんでした。

でも、これを書き上げなければ年を越せない!!、大掃除も年賀状書きも先延ばしにして
やっと書き上げました。

これで年越しの準備ができます!

そして、次はどこに行こうかと考えています!!

# by small-small-world | 2018-12-23 01:02 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)

入り口で、この公園内だけで使えるコインを購入しました。
私たちは30グラーツを購入しました。麻袋に入ったコインを持つと妖精の国に入りこんだようにワクワクした気分になります。

c0039428_23545198.jpg

園の中は、まるで中世の農村にでも迷いこんだ見たい。

c0039428_00011943.jpg



c0039428_00012612.jpg

木造の小屋が立ち並んでいます。
紙漉き工場、石鹸屋さん、壺作りの職人さんの家・・
それぞれの家には昔の衣服を着用した村人たちが座っています。

c0039428_23574018.jpg

この村だけで使えるコインを支払うと色々な体験ができるのです。

週末には、人形芝居があったり、大道芸があったり、賑わうそうなのですが、平日でしたので、訪れていたのは、小学生や幼稚園の遠足の子どもだけでした。

私も子どもたちに混じって、色々体験してみました。

紙漉き
分厚い素朴な紙ができました。

c0039428_23574621.jpg



昔ながらの印刷
チェコ語しかできないおじさんが、一所懸命教えてくれました。
遠足の保育園児たちもローラーで版木にインクを塗っていました。

c0039428_00005724.jpg


小学生の子どもたちは、印刷した紙にガチョウのペンでサインしていました。

c0039428_23580167.jpg

香草の壺が置いてあるのは石鹸作りの小屋

c0039428_00011311.jpg




まったく言葉の通じないおばさんの真似をして、石鹸の材料を丸めると、おばさんはアルミを貼った紙でくるくると包んでくれました。

c0039428_00003091.jpg

昼食は村のレストラン
高校生くらいの女の子の作ったクレープは、ちょっとベタベタでした。

c0039428_23581058.jpg

お人形作りの小屋や蝋燭作り
楽しそうな子どもたちはの様子は万国共通ですね。

c0039428_23565813.jpg

c0039428_23572362.jpg



c0039428_23571100.jpg


村の外に出ると広々とした農園
自然化粧品の材料になるハーブ畑

c0039428_00000121.jpg


c0039428_00001779.jpg

のんびりと寝転がり、昼寝でもしたい気分です。

c0039428_23595459.jpg

この公園はボタニクスという自然化粧品の農場の一角だそうです。
村のお店で、その自然化粧品を購入しました。

のんびりとチェコの生活を楽しんだ感じで、観光客でいっぱいのプラハを離れ、思い出に残りました。

# by small-small-world | 2018-12-23 00:23 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)

今回どのチェコ旅行の計画は、プラハに滞在し、そこからチェスキークルムロフへ行ったり、ドレスデンに行ったり、ボヘミア地方だけではなく、モラヴィア地方にも行ってみようということでした。

さて、最後の一日
モラヴィア地方のブルノかオロモウツまたはチェコの西の端のカルロヴァッリに行くのが当初の計画でした。

でも、プラハ市内、クトナーホラ、フルボカー城、チェスキークルムロフ、マイセン、ドレスデンと連日歩き続け、いささか疲れが出てきました。

年ですね!!
10年前には酷暑の8月にイタリアの街を毎日20000歩も歩いても大丈夫だったのに・・・・。

とはいっても、チェコで過ごす最後の一日をぼんやりと過ごすのはもったいない・・・・・。

「地球の歩き方」にプラハからのエクスカーションの場所として出ていたのが「ボタニクス ヒストリック ヴィレッジ」
どんなところかわからないけれど、のんびりするにはいいかも。
というわけで、出かけてみました。

国内線専用のマサリク駅はホテルのすぐそば
中央駅に比べ、のんびりした雰囲気です。

c0039428_21580617.jpg

駅の表示で行先のオストラOstraを探します。
こまかい地図の中にやっと発見しました。

9時35分発Kolin行きに乗ります。

c0039428_21584235.jpg

国内線の鉄道車内はこんな感じ
2階建てでとてもきれいです。

c0039428_21592252.jpg

Ostra駅
広々した牧草地のただなかにある小さな駅
ホームがあるだけで駅舎もありません。


c0039428_21595791.jpg



c0039428_21594509.jpg

Botanicus Historicke Centrum →→ という小さな木の看板を頼りに歩き始めました。 

人っ子ひとりいない一本道ですが、両側に民家があり、小さな学校らしき建物もありました。

c0039428_22001894.jpg

10分ほど歩いて入り口に到着しました。

c0039428_22012573.jpg





# by small-small-world | 2018-11-18 22:26 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)

ドレスデンでぜひ見たかったのは王宮内の緑の円天井
予約していなかったので、受付時間まで内庭で待機して入場しました。

厳格に入場者を制限しているので、内部ではゆっくり見学することができました。
アウグスト強王(1670--1733)が収集した数々の贅をつくした宝物、驚くほど細密な工芸品の数々。
堪能しました。

ザクセン選帝侯にしてポーランド王だったアウグスト2世は、文化・芸術にことほか熱心で、ワルシャワとここドレスデンにバロック風の宮殿を数多く建てました。現在のドレスデンの風景はアウグスト2世が作り上げたもの。

王の行進を描いた壁画は第二次大戦の爆撃の際に奇跡的に残ったもの
アウグスト2世とその息子アウグスト3世の堂々たる行進です。
c0039428_23404563.jpg

c0039428_23410869.jpg
div>

宮廷教会の壁面には大戦後の修復の跡がくっきり。
はちみつ色の石と黒ずんだ石がモザイクのようです。
昨日の夕方、夕日に照らされ壁面が黄金色に光っていましたが、昼光で見るとまた違う印象です。

c0039428_23401545.jpg

c0039428_23394634.jpg
ツヴィンガー宮殿内は美術館
フェルメールやラファエルがあります。

アウグスト2世の収集した有田焼を展示する陶器展示もありました。

昼食はいつもこんな感じ。
c0039428_23392689.jpg

c0039428_23384875.jpg

午後はフラウエン教会に行くのを楽しみにしていました。
大戦の爆撃で瓦礫の山となっていた教会を東西統一後に修復。
瓦礫の一つ一つに番号をふり、巨大なジグソーパズルのようにして修復していったそうです。

c0039428_23412764.jpg
瓦礫を取り去った後、奇跡的なことに教会の主祭壇は崩れずに残っていたとのこと。

教会の屋根上にそびえる金の十字架は爆撃した英国軍の寄付で建てられたとのこと。

最後の楽しみに取っておいたフラウエン教会の見学ですが、ちょっと様子が変。
入り口には大道芸人が・・・。
c0039428_23415213.jpg

午後からイベントがあり、この日に限り午後は見学中止なのだそうです。
残念でした。
個人旅行では、情報不足でよくこんなことがあるのです。







# by small-small-world | 2018-11-13 23:53 | チェコ&ドレスデン 2018 | Comments(0)