正倉院展と西の京

JR東海の割引切符(正倉院展入場チケットつき)を利用して日帰りで正倉院展に行ってきました。
行きの新幹線は早朝6時台出発。朝9時半には奈良に着いてしまいます。
帰りの便は京都発夜7時半過ぎですから、時間はたっぷりです。

先週行った方から正倉院展は午前中は込み合っていて入場までに75分待ち、午後3時すぎになると少し空くと聞いたので、正倉院展には午後から行くことにして、午前中は西ノ京を歩くことにしました。

薬師寺、唐招提寺は20数年前に当時小学生だった子どもたちと一緒に行って以来です。

薬師寺といえば、修学旅行で行ったときに後に管主になった高田好胤が金堂の薬師三尊を背にして説法された記憶が鮮やかです。
現在では、高田管主の努力で再建された金堂や西塔などの伽藍を再建され、かつての記憶からすると見違えるほどです。
c0039428_215795.jpg



天武天皇が発願し、持統天皇の御世に完成した東塔。
この塔を持統天皇も仰ぎ見たと思うと感慨深いものがあります。
c0039428_21133.jpg

塔の心柱に空洞が発見され、その他の部分も傷んできたということで、今後10年をかけ解体修理されるそうです。よく見ると部材にも傷みがあるようです。
c0039428_215205.jpg



唐招提寺のどっしりした金堂
格式と気品を感じます。
今回は境内の奥にある鑑真和上の御廟にもお参りしてきました。苔庭の奥にひっそりとあり、奥都城と表現したい墓所でした。
c0039428_2104398.jpg



唐招提寺から近鉄線にそって「歴史の道」を歩きました。

垂仁天皇の御陵
大きな前方後円墳です
c0039428_2104096.jpg



喜光寺は行基が創建したと伝えられる寺
この本堂、東大寺大仏殿とそっくり。
大仏殿建造のときに試みに建てられたということ。
新しい門とこの本殿以外になんにもない境内でした。
c0039428_2103392.jpg



平城京に程近いこのあたり
現在は住宅地になっていますが、かつては菅原の里と呼ばれた地
菅原道真もこの地の出身
菅原神社境内には、産湯をつかった池の遺構が残っているそうです。
社殿を一周してみましたが、どこかわかりませんでした。
c0039428_2103693.jpg



西大寺はかつての繁栄の名残をかすかにとどめています。
c0039428_2102872.jpg



近鉄奈良駅に戻り、一休みした後、正倉院展に向かいました。
2時半頃並び始め、入場できたのは3時15分ころでした。

場内はかなりの混雑でしたが、じっくりと楽しんできました。
[PR]
by small-small-world | 2010-11-07 21:07 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

長谷寺(4月14日)

c0039428_150178.jpg近鉄長谷寺駅で降り立ったのはわずか数人。
花の季節だというのになんと寂しいこと。
と思ったら
c0039428_1563961.jpg長谷寺へ向かう古い街並みの名残を楽しみながら歩き、山門に続く参道を登るうちに人が増え、山門から本堂に向かう回廊にはたくさんの人人

吉野山に行った観光バスの人たちのようでした。

私たちのように電車の時刻表を確かめながら寺めぐりをするのは少数派なのでしょうか。

満開の時には全山を埋め尽くすように咲く桜だそうですが
半分以上は散っていました。
でもまだ葉が出ていないので、樹には紅色が残り、本堂から見下ろす風景はゆったりしたきれいさでした。
c0039428_1523155.jpg



本堂の十一面観音にも久しぶりにお目にかかりました。
一本の巨木から彫りだした大きな仏像
木そのものの精を感じるほどにまっすぐと大きな仏像です。
祭壇に隠れ胸元までしか見えないのですが、しばらく前に見たTVの仏像紹介番組では祭壇の後ろにすっくりと立っていらっしゃいました。

c0039428_1541716.jpg長谷寺は牡丹で有名
4月19日から牡丹祭りが開かれるそうですが、この日にはまだ蕾も固く、庭師たちが草むしりをしたり手入れをしているところでした。

連休中にはきれいに咲くことでしょう。


さてこの日の歩数は24000歩を越え、前日の山の辺の道とあわせ、二日で60000歩近くを歩いたことに。
ややどころか、とっても疲れました008.gif
[PR]
by small-small-world | 2008-04-26 15:10 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

大野寺(4月14日)

今回の奈良行きで、楽しみにしていたのが大野寺の枝垂れ桜

インターネット上の「開花情報」では何日もの間「満開」と書いてあったので、かえって心配でしたが・・・・・
満開でした。
c0039428_2157379.jpg

本堂の前の樹齢300年の枝垂桜
滝のように、流れるがごとく咲いています。
見事でした。

境内右手奥はまるで楽園のよう
紅枝垂れや雪柳が自然の林のようです。
c0039428_2211525.jpg

c0039428_226094.jpg対岸の磨崖佛

ここから室生口の駅までは歩いて5分ほど

ホームに入ってきた電車に飛び乗りました。
長谷寺に向かうことにします。
[PR]
by small-small-world | 2008-04-23 22:07 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

室生寺(4月14日)

近鉄線は長谷寺駅を過ぎて榛原駅にさしかかると山が迫ってきて山里の風情
榛原あたりは近鉄線の中でも一番標高が高いそうです。

奈良市内ではもう散っていた桜がここでは満開
山の裾や家々の庭に濃いピンクの桜がきれいに咲き誇っていました。

室生の里の桜も満開でした。
c0039428_2148104.jpg


室生寺も学生時代以来です。
やっと来られたという思いで、山門をくぐるときには心がふるえました。c0039428_21514781.jpg
c0039428_21564420.jpg金堂へ一直線に登る階段
登って行くとまるで歌舞伎のせりあがりのように金堂があらわれます。

金堂の仏像の素晴らしさ
とくに十一面観音のふくよかな美しさにはうたれました。

c0039428_2243054.jpg8年前の台風のとき、倒木で倒壊した五重塔
心配したものですが、元通りに修復されていました。

小ぶりで愛らしい五重塔
石段の真上にあるので、実際よりずっと大きく見えます。

c0039428_22165926.jpg
五重塔の背後から300段の急な石段を登って奥の院へ

奥の院は平安時代のお堂
よくぞこんな高いところに建てたものです

奥の院から見下ろした室生の里
背後に白く雲のように見えるのは満開の桜です。

c0039428_22141910.jpg
山門前で山菜料理をいただき、おみやげには草餅を購入しました。

室生寺背後の山
うっすらと雲がわいているのかと思ったら
なんと杉の花粉が飛散しているところなのだそうです。
[PR]
by small-small-world | 2008-04-20 22:19 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

山の辺の道を歩く(2)

古代日本の文化の中心であるこのあたりには、古墳が数多くあります。
小高い丘のように見えるのは古墳。
桜井市から天理市に入ると柿の畑が多くなります。
c0039428_1047588.jpg


箸墓。景行天皇陵、崇神天皇陵。
古事記や日本書記に名を残すスメラミコト等の墓
整った大きさに驚きます。

*十年前訪れたとき、このあたりにきたとき雪が降り出し、凍えたのを思い出します。
店もなく、長岳寺の庫裡でにゅうめんをいただいてほっと一息つきました。

現在も山の辺の道には茶店くらいしかなく、昼食を持参しないと食べ損ないそうなのですが、幸い中間地点の天理トレイルセンター近くに4月初めに開店したばかりの蕎麦屋を見つけました。
c0039428_10484017.jpg
萱生町の環濠集落
室町時代あたりに形成されたもののようですが、敵の攻撃に対して自己防衛するために集落のまわりに濠がめぐらされています。
濠の中はまるで砦のように家屋が密集しています。
c0039428_10502771.jpgかなりの距離を踏破。このあたりになると写真を撮る元気もなく、せっせと歩きました。
石上神宮までの道は急な上り下り。
ガイドブックには、天理にはレンタサイクルがあると書いてあるので、サイクリングをしようとも考えたのですが、やめてよかった!
石畳の細い山道や、急な坂道もあり、サイクリングにはむかないように思います。
実際、レンタサイクルを使っている人には一回しかすれ違いませんでした。

c0039428_10535067.jpg石上神宮
人も少なく神さびた森の中にあります
ここに百済王からの七支の剣が伝えられています。

天理駅までのアーケードは不思議な空間です。
レトロで商売が成り立っているのかわからない店がえんえんと続き
人通りは少なく、しかも老いも若きも黒い半被姿。

歩きつかれて重い足をひきずりながら、やっと天理駅に。

この日の歩行数: 33000歩 18~20km歩いたようです
やや疲れました。
[PR]
by small-small-world | 2008-04-18 23:46 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

山の辺の道を歩く(1)

うららかな春の日に山の辺の道を歩いてみたいと数年来思っていましたが、やっと実現させました。
(大学3年の春休み以来ですから、実に*十年ぶり。東大寺のお水取りに行った次の日に訪れたのですが、雪がちらつく凍えるような日でした。)
桜の美しい季節に旅をできるなんて幸せな年頃になったものです。

新横浜を朝6時発の新幹線で京都へ。近鉄に乗り換えて桜井駅に着いたのは9時40分頃。
ここからいにしえに思いをはせながら北に向かって山の辺の道をたどります。
早起きをすると一日が長い・・・。
c0039428_23511085.jpg歩道に案内タイルがはめ込まれているので、地図がなくても楽しく歩けます。

c0039428_2337488.jpg万葉の頃には市がたち、賑わった海柘榴(つばいち)。
川のほとりに「仏教伝来の地」の石碑が立っています。
6世紀中ごろ、遣隋使小野妹子が難波江から川を上り、ここに降り立ったのです。

c0039428_23445660.jpg海柘榴のあたりの街並み
軒の低い家並みがしばらく続きます。

c0039428_2354897.jpg大神(おおみわ)神社。
拝殿しかない神社。ご神体は三輪山そのもの。

このあたりのことがご専門だった恩師のO先生の講義が思いだされます。

c0039428_012744.jpg道はのどかな山道に。
時々すれ違うのは、なぜかミドルエージ以上の夫婦ばかり。

静かになごやかに雰囲気を楽しみながら歩いています。(かくいう私達も同じ人種なので、いえたがらではありませんが)

c0039428_0222282.jpg途中の農家の庭先にみかんの無人販売。一袋100円也。
「おいしそう」「甘いですよ」
同年代同士、声を掛けあいます。

c0039428_23221247.jpg
振り返ると、満開の桃の畑のむこうに三輪山が見えました。
桜は半分くらいが散り残り、野辺には蓮華草やすみれが。

c0039428_0185431.jpg
見下ろすと大和三山
万葉集に歌われた光景が広がっています。

[PR]
by small-small-world | 2008-04-15 23:36 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

c0039428_22513839.jpgJR50プラスの日帰り切符にはランチクーポンがついています。
指定の数店のレストランから1店を選べるのですが、午後からの散策に便利なように奈良町の平宗にすることに。
正倉院展の会期中の上、JR50プラスのランチクーポンの指定店にもなっているので満席。10組以上のお客さんが待機していました。

c0039428_22523299.jpg順番がくるまでの30分ほどは、奈良町を急ぎ足で散歩しました。

おばあさんがひとりで作っているみたらし団子を見つけて、食べながら・・・・・。
一本70円でした。

平宗でのランチは八重桜(茶粥定食)。3200円也。
JR50プラスの「日帰り奈良」の企画は新幹線のぞみ指定で奈良往復+ランチクーポンで19500円ですから、お得なチケットですねえ。

繁盛していて板前さんはとっても忙しそうでした。
「いつもはひまなんだけど・・・・」とぼやきながらも、せっせと手を動かしていました。

昼食後は
まず興福寺
国宝館では阿修羅像をはじめとする八部衆を八体全部一度に公開中。

それから大圓堂では本尊の秘仏聖観音立像(重要文化財)を初めて公開しています。
聖観音像は身の丈120センチほどのほっそりした仏像。美しい色彩の残る像なのですが。惜しむらくは、離れたところからの拝観だったので、よく観察できなかったこと。
・・・もちろん見るためにではなく、拝むために開帳しているということはわかっているのですが。
c0039428_22564593.jpg
興福寺の後は東大寺へ
同行者が、中学の修学旅行以来の奈良なので、ぜひ大仏を見たいというので、修学旅行っぽいコースになってしまいました。
東大寺の前庭は芝生できれいになっていましたが、前からそうだったでしょうか。

かつて小学生だった子ども達と一緒にここに来たとき、「大きいなあ・・・!」と感激している様子を見て、うれしかったのを思い出します。
ああいう感激のしかたができる心をいつまでも持っていてほしいなあと思ったものです。

c0039428_2259592.jpgこのところ訪れていなかった奈良
ゆっくり滞在して仏像を見て歩きたい・・・・と思っているのですが
ぜひ、また会いたいと思っていたのが、日光菩薩、月光菩薩。
三月堂に入ると心静かになります。

奈良の町はそろそろ紅葉が始まっていました。

急に思い立っての短い奈良滞在でしたが
濃密な一日でした。

でもやはり
数日のんびり滞在し、山の辺の道を歩いたり、室生寺あたりへ行ったり、思う存分
歩いてみたいもの。
[PR]
by small-small-world | 2007-10-31 23:06 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

JR50プラスの割引切符を使って日帰りで正倉院展を見てきました。

奈良国立博物館の正倉院展は、学生時代以来です。
博物館の近くの日吉館に泊まって、正倉院展を見たり、あちこち訪ね歩いたのがなつかしく思いだされます。
思い立ったらすぐに実行できるほどの自由を持てるようになって、再訪がかないました。

新横浜発午前7時2分。京都で乗り換えて奈良駅には午前10時3分に着きました。
さて、今日一日を有効に使いましょう。
c0039428_21334412.jpg初日の午前中とあって雨にもかかわらず、30分ほどの入場待ちでした。

正倉院御物の面白さは天平の時代がまるでタイムカプセルのように残っていること。
宝物として大切に保管されたものはもちろんなのですが、当時の生活が感じ取れる品々がとてもおもしろい。


今回は70品目が出品されていますが、興味深かったのは布。
律令で定められた租庸調の「調」として納められた麻や苧の布です。
産地や納めた人が隅に墨書されているものや、ほつれを綺麗にかがったものもありました。

とくに面白かったのは、それらの布で作られた当時の工人たちの上着や袴や肌着
木綿糸のない時代ですから、麻糸で大きな針目でぐし縫いのようにして作られています。

また大宝時代の戸籍や困った人々への援助の記録などもおもしろかったです。

はるか天平時代に生きた人々が想起されます。

2時間ほどかけてじっくり鑑賞して、外に出ると雨は止んでいました。
[PR]
by small-small-world | 2007-10-28 23:00 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)

長岡京光明寺

12月7日には長岡京の光明寺を訪ねました。

かつて都が置かれたこともある長岡京市ですが、
駅の辺りはいかにも開発された住宅地の風情。
近郊の農業地帯なのでしょう。「たけのこの里」という看板がたっています。

駅近くの観光案内所でウォーキングマップを手に入れ歩き始めました。

c0039428_2213688.jpg広大な境内の長岡天満宮はかつて菅原道真が大宰府へ流されるときに立ち寄ったところ


c0039428_22153880.jpgひっそりと立つ乙訓寺はその昔早良親王が幽閉されていたところ
本で読んだことのある歴史上の人物が親しみやすく感じられます。


光明寺までは駅から新しい住宅地と畑の中を抜けて1時間ほど歩いたあたり
法然上人が初めて念仏の教えを説いたところとして知られ、西山浄土宗の本山です。

c0039428_22173630.jpg盛りは過ぎていましたが、山門から本堂までの幅の広い階段の両側の紅葉はとてもきれい
散歩する人が少しいるだけで人影もなく、階段を登りきるまで本堂は見えないので、頭上まで紅葉に包まれながら歩いていく感じがします。

帰りはバスで駅まで20分ほど。
[PR]
by small-small-world | 2006-12-13 22:31 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(2)

斑鳩の里サイクリング

奈良・斑鳩1Day チケットを使って斑鳩の里へでかけました。

奈良までの往復料金だけで奈良・斑鳩地域の近鉄・奈良交通などが乗り放題という大変お得な切符です。
本当は山の辺の道を歩く予定だったのですが、このチケットを購入したので急遽行き先を変更しました。

法隆寺は18年ぶり
訪れるたびに1500年の歴史の重みを感じる場所です。

うれしかったのは大好きな中宮寺の如意輪観音に再会できたこと
40年前には、小さなお堂の中、お近くでその微笑に会えたのですが・・・・

c0039428_17492199.jpg修学旅行シーズンなのでしょう
次から次へと日本中の中高生が並んで入ってきます。
伽藍に入り、南大門の前で五重塔と金堂を背景に集合写真を撮るのがお決まりのコースのようです。
騒々しい学校などなく、どの学校も粛々と歩いていたのが印象的でした。


お仕着せの見学旅行型が批判され、体験型の修学旅行や海外への旅行がはやったりしているようですが、修学旅行の機会が人生唯一の歴史史跡見学になる人たちも多いのでしょうし、こういった見学型修学旅行もなかなか良いものだと思います。

昼食後はサイクリング
町立観光案内所では奈良・斑鳩1Day チケットの優待で1時間100円で貸してくれますし、とっても親切。

c0039428_22355114.jpg紅葉に彩られた丘を眺めながら畑中の道をいくと法輪寺や法起寺の三重塔が望めます
サイクリング向けの道が整備されていて、とっても走りやすい・・・
昔はもっとひなびた感じだったと思うのですが、ここにも開発が押し寄せているようです。


これだけのサイクリングでは物足りないので慈光院まで足をのばしました。
「ふた山越さなくてはならないので大変ですよ。」と観光案内所の人に言われていたのですが、山というよりむしろ2回のアップダウンという感じで、この私でもきついところは自転車を押して登って、なんとかなりました。
道路がきちんとしているのでここも快適なサイクリングでした。

大和平野の眺望が有名な慈光院
ここを訪れるのは35年ぶり

小さな坂道を登り趣きある石畳をたどり・・・
懐かしい気持ちで座敷に

大きく開けた縁側からは、青垣のごとき大和の山々と広がる田園が大きく開けているはずなのですが
c0039428_22515334.jpg35年の年月は、景色を大きく変えてしまっていました。

間近に走る自動車道
田園地帯は住宅地に
マンションにゴルフ練習場の緑色のネット


抹茶とお菓子をいただいていると
和尚さんがなかなか含蓄あるお話をしてくださいました

  -お茶室での作法は貴人の日常生活の中にあったからこそ意味を持っていたとのこと
  -ここからの景色が変わってしまったことを嘆く前にこのように変えてしまったのは私たち自身だと知ること
  -「稽古」とは古きを考えるということ

ちょっぴり豊かな気分になりました。

c0039428_2343837.jpg藤ノ木古墳(残念ながら工事中)と法隆寺西側の古い町並みの残る西里地区
を廻って自転車を返車
2時間半のサイクリングでした。
[PR]
by small-small-world | 2006-12-09 17:57 | 奈良・大和の旅 2006~2010 | Comments(0)