人気ブログランキング |

<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

イングリッシュローズ 二株

微妙な花色がなんとも魅惑的なイングリッシュローズ。

どうしても一株手に入れたくて昨年春に購入したアブラハム・ダービー。
知られたイングリッシュ・ローズなので、初心者向けだと思って選びました。

c0039428_21142675.jpg昨年は小さく貧弱な花をつけただけで期待はずれだったのですが、今年はちょっといい花を咲かせました。


c0039428_21174757.jpg黄色や杏色を帯びたピンク。開くとまた違った味わいになります。今年はシュートを伸ばしてほしいと思います。


c0039428_21333856.jpg昨夏ローズ・オブ・ローゼスのカタログで選んで注文したウィリアム・シェイクスピア2000。
年末に届いたので玄関前に植えつけました。
元気に芽吹き、たくさんの蕾をつけました。
咲き始めは若々しく・・・・・・


c0039428_21363034.jpg咲ききると濃い色になり、成熟した美しさ。

by small-small-world | 2006-05-30 21:37 | ★樹や花たち | Comments(2)

華やかに豊かに~ピエール・ド・ロンサール

c0039428_23112662.jpg我が家の入り口あたりを華やかに彩っているのはピエール・ド・ロンサールです。
今年で4年目の株ですが、ますます花つきがよく100個以上の大きな蕾をつけました。


c0039428_23151417.jpg蕾は緑色を帯びた白。蕾が開き始めると芯からピンク色に染まってきます。ゆっくり時間をかけて花開いていきます。花びらの枚数を数えてみたら、75枚の花びらで一輪ができています。


c0039428_2319536.jpgそれになんと花もちのいいこと!2週間以上も見事に咲き誇っています。
まだまだ蕾がいっぱい。当分楽しめそう。

豊満な花形、清楚な色。
それに丈夫。
大好きなバラです。

by small-small-world | 2006-05-28 23:24 | ★樹や花たち | Comments(2)

しなやかな美しさ~オールドローズたち

どこか素朴な美しさが魅力のオールドローズたち

c0039428_0195784.jpgロサ・ムンディ Rosa Mundy
緩やかに咲く花はいつか網走原生花園で見たハマナスを思い出させます。
2年目の株。30センチほどの低めの樹形。これから伸びてくるのかしら。


c0039428_0254726.jpgヴァリエガータ・ディ・ボローニャ Variegata di Bologna
おととし、ひょろひょろの新苗を育て始めたのが、なんとか咲き始めました。くしゅくしゅとまるめた薄紙を開いたような花。
花の大きさもせいぜい5センチほど。花びらは乾燥気味で外回りが干からびてしまいます。もう少し育つと解消できるんでしょうか。


c0039428_03207.jpgタスカニー Tuscany
開き始めは赤紫のビロードのよう。やがて紫を帯びてきます。シックでおとなっぽい・・・。


どの花も自然な美しさです。
by small-small-world | 2006-05-28 00:37 | ★樹や花たち | Comments(0)

蝋細工のように美しく~ベル・イシスBelle Isis

オールド・ローズのベル・イシスBelle Isis.
3センチほどの小さな花だけれど、完璧なほどのロゼット状に。

c0039428_187077.jpg透き通った蝋細工のような薄ピンクの花びら
かわいらしく、美しい。


c0039428_1871753.jpg昨年初めて咲いたときには、どことなくさえなかったけれど、きれいに咲くにはやはり株が成熟しないとダメなのかしら。

by small-small-world | 2006-05-26 18:12 | ★樹や花たち | Comments(0)

香り高きバラ~ガートルード・ジェキルGertrude Jekyll

暮に植えた大苗、ガートルード・ジェキル(GErtrude Jekyll)。
春一番にいち早く芽吹きました。元気なバラです。

c0039428_17514341.jpg初めて開いた花はまるでピンク色のクレヨンで塗ったような鮮やかなピンク色。くっきりと浮かび上がるような色です。


c0039428_17525391.jpgとにかく良い香り。毎朝花に鼻を近づけてはうっとりでした。

by small-small-world | 2006-05-26 17:59 | ★樹や花たち | Comments(0)

鮮やかにそして柔らかく~モリニューMolineux

c0039428_17383838.jpg今年加わったバラ、モリニュー(Molineux).


c0039428_17385671.jpg咲き始めがあまりに鮮やかの黄金色だったので、しまったと思ったのですが、だんだんに深みを帯び、咲き終わりはふんわりとしたクリーム・イエローに。


c0039428_17391885.jpg柔らかい枝なので、物陰に隠れてしまいそうな風情です。

by small-small-world | 2006-05-26 17:44 | ★樹や花たち | Comments(0)

安曇野サイクリング

仕事仲間との一泊ドライブ旅行、午前10時半すぎに上諏訪駅で一人リタイアさせていただきました。

松本市内をのんびり歩こうかしらと駅の時刻表を見ると、大糸線穂高駅まで松本駅からわずか25分ということを発見しました。
さわやかに晴れ渡った空。穂高に行けば北アルプスが綺麗に望めることでしょう。とっさに穂高までいくことを決意しました。

12時10分松本発の大糸線。
穂高着12時35分。

駅前でレンタサイクルを借りました。
ついでに麦藁帽子と軍手も借り、いざ出発。

c0039428_23132510.jpg田植えを終えたばかりの輝く田んぼ
角々には愛嬌ある道祖神

c0039428_231487.jpgはるかに雪をいただく北アルプスの峰峰を望みながらのひとりサイクリング。
思わず鼻歌が出てしまう気持ちのよさです。


c0039428_23193248.jpgサイクリングの終着駅は禄山美術館
煉瓦作りの礼拝堂のような建物。あまり広くはない室内に若く闊達なブロンズ彫刻が並べられています。
7年間の海外での修業の後、帰国。
彫刻をわが道と定め、輝くばかりの創作活動を始めてわずか数年後30歳で死去。
魅力ある作品群は明治末のわずか数年間のもの。


午後3時40分発のスーパーあさまで帰京。

はるかにアルプスを望みながらのサイクリング
久々の気持ちよさでした。
by small-small-world | 2006-05-21 23:28 | ★旅 | Comments(2)

マチルダ~清楚な少女のごとく

c0039428_2394841.jpg
郵便受けの下に植えたマチルダ。


うっすらとはにかんだようなピンクを帯びた形の良い蕾。
c0039428_23194429.jpg


c0039428_2320796.jpg花開くとひらひらとフリルがかった花びら。まるでフレアースカートのよう。


c0039428_23211496.jpg小ぶりな株で高さもせいぜい50センチだけれど、昨年は夏から秋にもちらほら花をつけました。
元気な少女のようなかわいいバラです。

by small-small-world | 2006-05-18 23:31 | ★樹や花たち | Comments(0)

「平和」のバラ

庭のバラがいっせいに咲き始めました。
庭に出て花をめでるのが今一番の楽しみです。

昨年我が家に来たバラで一株だけ調子の悪かったバラ・・・・(蕾のうちに虫に半分食べられたり、黒点病で葉を失ってしまったり・・・・・・)。

c0039428_11365810.jpgそれが今年一輪だけだけれど見事な花を咲かせました。


c0039428_11373894.jpg第二次世界大戦が終結した1945年に世に出、平和を祈って「Peace」と名づけられたバラ。
大戦のさなかにあっても、こんなにも美しく気品あるバラを作り出していたんですね。


c0039428_11421134.jpgバラを見飽きないのは、蕾のとき、開いたとき、開ききったとき、それぞれに違った風情が見られること。
ゆったり巨大に(15センチくらい)に咲ききったピース。

今年は虫や病気にやられないよう育てなくては・・・・・

by small-small-world | 2006-05-18 11:43 | ★樹や花たち | Comments(4)

あじろ織のストール

c0039428_10202056.jpg連休中の伊豆暮らしには卓上織機咲き織りを持ち込んで、のんびり手織を楽しみました。。


c0039428_1035131.jpg
ちょっとラメの入った糸で軽やかな感じにしようとおもったのですが、80%が綿糸だったせいか、さっぱりとした感じに織りあがりました。

c0039428_10205338.jpg
カネボウ毛糸Belleflora
    白系50グラム
    青系50グラム

by small-small-world | 2006-05-17 21:30 | ★手仕事の楽しみ | Comments(2)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る