人気ブログランキング |

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちょっと盛りはすぎたけれど

沖縄・八重山滞在中、唯一気になっていたのはバラのこと
ちょうど満開になろうというときに家を出て、一週間の不在
もう、全部咲ききってしまうのではないかしら・・・・・025.gif

もう終わっていたバラも多かったけれど、他のバラたちは盛りは過ぎていたけれど、まだまだ咲いていました。043.gif


            アイスバーグ
            純白のバラです。
c0039428_22492264.jpg


              ロサ・ムンディ
     ヘンリー8世の愛人の名前を冠したオールド・ローズ            
c0039428_22493874.jpg


              一棒粉
          中国のバラです。          
c0039428_22494952.jpg


               バレリーナ
  一棒粉とそっくり。桜のように清楚です。広い場所に植え替えたらよく咲きました。           
c0039428_2250342.jpg


              日本中で一番売れているというピエール・ド・ロンサール
          花持ちがいいので、まだどっしりと咲いています。           
c0039428_22501539.jpg



バラ本とTVの園芸番組が私の師匠ですが、それには剪定の大切さが前面に書いてあります。
先日行った「バラとガーデニング・ショー」でつるバラの誘引で知られる村田晴夫氏のお話を聞きましたが、剪定よりむしろ希望する大きさまでは剪定せずに伸ばしたほうがいいとおっしゃていました。
今年は冬の間大きく剪定しなかったのですが、どうもそのほうがのびのびと咲いてくれたようです。
            
by small-small-world | 2010-05-31 10:48 | ★樹や花たち | Comments(0)

沖縄・八重山の旅(1)

沖縄に住んでいるHaruくんを訪ねてきました。
入梅している沖縄なので、お天気を心配していましたが、梅雨の中休み?晴れに恵まれました。

那覇に到着(5/22)。
やはりここを見ておかなければと普天間へ。

TV画面では何度も見ている普天間基地。
住宅地の真ん中に唐突に開けた基地。
土曜日のせいか、ヘリコプターは駐機していませんでしたが、間近に見るとその危険性がよくわかります。
c0039428_04107.jpg


展望台の立っている嘉数の丘は沖縄戦でもっとも激戦だった場所
日本軍4万、米軍2万。全部で6万人を越す死傷者。
京都の部隊は全滅だったとか。
尊い命が戦いで失われたその場所に米軍基地があるとは。

那覇に帰る途中に浜辺の茶屋に立ち寄りました。

c0039428_045468.jpgハーブ・ティーとケーキで一休み
浜に下りると、砂浜には無数の小穴
近づくと小蟹たちが、いっせいに穴に姿を消しました。
by small-small-world | 2010-05-30 00:05 |  沖縄・八重山の旅2010 | Comments(0)

ホームベーカリー♪

生活はシンプルにと念じて、道具は増やさないように心がけてきたのですが、やっぱり欲しくて買ってしまいました。   購入したのはコチラ→→☆☆ 

想像以上においしく焼けます。011.gif

c0039428_2324926.jpgパンを自分で焼いていたこともあるのですが、
汗だくで粉をこね、発酵状態を気にかけ、
上手に焼けたと思っても、翌日にはちょっとぱさっとした感じに。
  写真:フランスパン


c0039428_23243849.jpgホームベーカリーでは材料&イースト菌をセットしてスイッチをいれるだけ。炊飯器感覚です。
あっけないほどに簡単に焼きあがります。
  写真:モルト食パン(富沢商店のクラフトコーンミックスで焼いたパン。香ばしくてとてもおいしいです。011.gif


c0039428_2324561.jpgあまりおいしいので、あっという間に食べてしまい
毎日のように焼いています。
 写真:ブドウパン。干しブドウの練りこみも自動的にしてくれます。011.gif

シンプルライフもよいけれど、やっぱり生活にはワクワク感が必要ですよね。006.gif

by small-small-world | 2010-05-18 23:40 | ★日々の楽しみ | Comments(2)

結城・下館を訪ねて(2)

結城から下館までは水戸線で15分ほど
思いつきで立ち寄ってみました。

下館にも古い歴史があります。
下館という地名は、10世紀に遡ります。
平将門の乱の折、藤原秀郷が築いた上館・中館・下館のうちの下館が起源だそうです。

c0039428_20415611.jpg利根川水系の支流五行川沿いの台地が下館城の跡地だそうですが、地味な祠のある
神社境内に石碑が残るのみです。


c0039428_2043737.jpg与謝野蕪村は下館と結城で10年間ほど過ごしたそうですが、その時蕪村
援助したのが中村家。
美術サロンを開いているとのことでしたが、あいにく休館でした。


c0039428_20455891.jpg下館といえば、陶芸家板谷波山の出身地
板谷波山記念館には、波山の生家と田端にあった工房が移築されています。
以前出光美術館で開催された波山の回顧展を見たことがありますが、
精密に描かれたアールヌーボーを思わせるデザインに不透明釉をかけた幻想的な
美しい器に魅了されました。
妥協を許さない波山は、できばえが気に入らないものは惜しげもなく割ってしまった
ということです。
資料館には田端の工房に残された破片の数々が展示されています。完品はなぜか
置いてありません。記念館なのですから、ひとつくらいは置いてあってもよさそうなのですが。


下館は、1940年の大火で町の中心を焼失したそうですが、かつては木綿の集散地として
栄えたそうで、蔵作りの家々が残る街筋も残っています。
c0039428_20482961.jpg

c0039428_20484829.jpg


c0039428_20501872.jpg2階のみが古い建物を残した菓子店立川
下館で私たちが見た店では、一番繁盛していました。お土産に「百歳満寿」という素朴な
お饅頭を購入しました。


静かな地方都市下館ですが、駅前通りに突如として巨大な現代的建築があらわれます。
地域交流センター「アルテリオ」
有名建築家のデザインなのでしょうけれど、いわゆるハコモノ。
街の雰囲気とまったく溶け合わないと思うのですが。

「今年は寒くって苗の生育が悪くて、田植えが遅れてねえ」と板谷波山記念館の受付の方。
水戸線沿線の田んぼの田植えもまだ3割くらいしか田植えが終わっていませんでした。
連休中暖かかったので、今頃はもう終わったでしょうか。
by small-small-world | 2010-05-08 20:52 | ☆散歩道 | Comments(0)

結城・下館を訪ねて(1)

連休になって、ようやく爽やかな天候になりました。
のんびりとその日の気分で過ごす予定の連休ですが、初日の5月1日は、どこかに散歩にでもと、茨城県結城市へ出かけました。

湘南新宿ラインで行けば、結城駅への乗り換え駅東北線小山駅までは一直線。
通勤電車仕様の車体ですが、グリーン車に乗ってお茶を飲みながら行けば、ちょっとした旅行気分です。

結城といえば結城紬
街中には明治時代に建てられた蔵造りの民家や商家が数多く残り、繁栄した時代が偲ばれます。
c0039428_22585841.jpg

c0039428_22592130.jpg

c0039428_22593732.jpg


ふるいものが残り、よい雰囲気の結城の街ですが、大々的には観光化されていません。
駅近くには、通り過ごしてしまいそうなささやかな観光物産館
見逃してしまいそうな小さなスペースでは結城紬の織りの実演をしていました。
織り手の女性に話を聞きました。
c0039428_22551774.jpg


結城紬の材料の真綿は福島県産
結城近隣で糸に紡がれるのだそうです。

織りは女性達の仕事。家内でできるので、子ども達を育てながらできるので助かるそうです。
30反は織り上げないと一人前とはいえないそうです。
現在でも2200軒が結城紬を織っているそうです。

結城は歴史の古い土地。
結城氏の初代は源頼朝からこの地を拝領した結城朝光
称名寺には墓所があります。
土塀の脇には八重桜が満開でした。
c0039428_233829.jpg

c0039428_2333524.jpg


結城氏十八代目は結城秀康。徳川家康の次男です。
秀康が息女のために建立したのが弘経寺
本堂の鬼瓦には葵の紋章
立派な山門や鐘楼のある大きな寺です。
c0039428_235975.jpg

c0039428_2354823.jpg

弘経寺近くには造り酒屋が何軒か
時期はずれなのでしょうか、閑散としていました。
c0039428_237178.jpg


大町通りはかつての問屋街
往時の賑わいはありません。

問屋街の端にある奥順商店
敷地を開放して、資料館や売店を開いています。
c0039428_2385284.jpg


通りを隔てた蔵は「壱の蔵」というカフェ
コーヒーとケーキで一服しました。
c0039428_23113924.jpg

c0039428_2312982.jpg



観光臭のしない結城ですが、私たちと同じように地図を片手に街歩きを楽しむシニア夫婦をちらほら見かけました。
いい雰囲気の街なので、ちょっと工夫をすれば街歩きにはちょうどいいと思うのですが。歩きながら、ああすれば、こうすればといろいろなアイディアが浮かんできました。
でも、けばけばしい観光化だけはごめんですけれど。
by small-small-world | 2010-05-04 18:22 | ☆散歩道 | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る