人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「家なき子」と「家なき娘」

ふとしたきっかけで「家なき子」を読んでみました。

有名な児童文学ですしストーリーもなんとなく知っているので、当然読んだことがあるつもりでしたが、実は読むのは今回初めてだったようです。
   
            1878年刊(原題: Sans Famille )
            エクトル・マロ作 
            山内義雄訳 岩波少年文庫

c0039428_10544140.jpg

作者マロ(1830~1907)は、「自分の時代を生き、時代とともに歩まねばならない」を信条とし、60編にも及ぶ小説を書いた当時の流行作家です。
しかし、現在でも読み継がれているのは、10歳の娘リュシーのために書いた「家なき子」とそれから15年後に書いた「家なき娘」。いずれも子供向けに書かれた2編だけだそうです。

大道芸人になった主人公の少年レミのたどっていく道は、フランス南西部ドルドーニュ川あたりからパリまで。
19世紀末のフランスにはこんなふうにして村々を回って歩く芸人たちがいたのでしょう。
今夏旅した村々の中央部に必ずあった広場は芸人たちの活躍の場でもあったのでしょう。

「家なき子」を読んだついでに「家なき娘」も読んでみました。
小学生の頃、母の持っていた戦前の文学全集に入っていたのを読んで以来です。
今でも印象に残っているのは、少女ペリーヌが一人で森の中の狩猟小屋に住み、”サバイバル”生活をおくる場面。

c0039428_10544689.jpg


           
             1893年刊(原題: En Famille)
              二宮フサ訳 偕成社文庫


今回あらためて読んでみておもしろかったのは、19世紀末にフランス各地で紡績産業を中心とした産業革命があり、大規模な工場経営が導入されはじめた時代が背景になっていることでした。
一労働者が経営者へと成長し、村全体が一つの企業体となり、住民たちが労働者として働く中で、労働者の過酷な労働条件が問題になっていたのです。

わずか12,3歳の主人公ペリーヌは、劣悪な労働環境の中で保育所や労働者の宿舎の設立の推進役になっていくのです。「家なき娘」は家族探しの物語だけではなかったようです。

「家なき子」のレミは実はイギリスの貴族。家族と再会してからは貴族として生活していくのですが、ペリーヌは社会改革のために働く。「時代とともに歩んだ」作者マロの行きつたところなのでしょうか

今回読んだ偕成社文庫版の「家なき娘」の翻訳者は、二宮フサ先生。
子供向けの文庫ですが、誠実な完訳で、訳注も充実しています。
挿絵も原書のもの。その当時の雰囲気がわかります。
ちなみに岩波少年文庫版「家なき子」には、長沢節氏によるスタイリッシュな挿絵が添えられています。

二宮先生といえば、大学時代のフランス語の先生です。
マルグリット・デュラスの「Hiroshima, Mon amour」がテキストだった中級の授業。
学年末に映画「広島、わが愛」の上映会をしたことをなつかしく思い出します。

二宮先生が「家なき娘」の舞台となった集落を訪れたことが本の「あとがき」に書かれています。工場は今では廃業し、廃墟となっていたということです。
今夏旅した南西フランスにもかつては繊維産業が盛んだったところ。何箇所かの遺構を見かけました。
アルビで泊まったホテルももともとは19世紀の水力を使った工場でした。

子どもの頃読んだ「家なき娘」は少女ペリーヌの物語でしたが、年を経て読むとまた違ったことが見えるものです。
by small-small-world | 2010-10-27 10:55 | ★本・映画・演劇 | Comments(0)

柚子胡椒

昨年豊作だった柚子
今年はお休みかと思っていたら今年もまた豊作のようです。

実が重くて枝がしなってきたので、柚子胡椒を作ってみました。

初めて作る柚子胡椒ですが、またたくまに作り方の情報が得られました。
インターネットって便利ですね。

ゴルフボールより少し大きい青柚子を約30個
c0039428_10251262.jpg



緑色の唐辛子
あまり売っていないものですが、運よく八百屋さんで入手できました。
c0039428_102587.jpg



めんどうくさがりやの私ですから
すりつぶすのはフードプロセッサーを使って。
石垣島産の塩を混ぜて、2週間くらい寝かせました。

瓶詰めで売っている柚子胡椒より香りが強くてとっても美味です。
淡白な料理の香りづけに楽しんでいます。
器は、沖縄のやちむん。宮城須美子さんのです。
c0039428_10252197.jpg




柚子胡椒をこしらえたのは10月10日
そのとき硬くて真緑色だった柚子の実
今では黄色に色づいてきました。

秋も深まってきたのですね。
c0039428_10252558.jpg

by small-small-world | 2010-10-26 16:22 | ★おいしいもの | Comments(0)

コスモス~久里浜花の国

この夏の酷暑で生育が遅れたそうで、花丈が低く、やや低調でした。
c0039428_1636032.jpg


入場無料でしたが、花の時期には有料にして充実させてもいいのかもしれませんね。
c0039428_1636551.jpg



花の名所では、高価なカメラ持参のカメラ親父やカメラマダムが目立ちます。
私も真似してズームで撮ってみました。
c0039428_16394439.jpg



ちょっと気になったのは、花の国入り口にある某省の研修センター。
夏草が茂り、あまり利用されていない様子。
仕分け対象なのでしょうか。
by small-small-world | 2010-10-24 16:40 | ☆散歩道 | Comments(0)

フランスの美しい村を訪ねて(31)~Paris・旅の終わり

トゥールーズを昼頃発ち、パリへ。
24時間以内のトランジットのために一晩だけのパリ・ステイです。

夕暮れ時のパリ
週末だったからでしょうか、シャンゼリゼ通りは大変な人出でした。
c0039428_14205548.jpg




旅の楽しみには3つあるといいます。
 計画する楽しみ
 実際に旅する楽しみ
 思い出す楽しみ

今年は1月頃から考え出したミディ・ピレネーの旅

資料を手に入れ、WEBで他の方の旅ブログなどを読み、関係の本を何冊も読み、
毎晩のようにパソコンにかじりついてホテルの情報を検討して予約し・・・・・
出かける前に十分時間を使いました。

そして現実の旅行
  明るく伸びやかな牧草地
  薄暗い森
  現在も巡礼者の訪れるロマネスクの教会
  小さくても雰囲気のある美しい村々・・・・
ドライブは宝物探しの冒険旅行でもありました。

今回の旅行は現地から携帯からブログに投稿したので、あらためて旅の記録をブログに書くことはしないつもりだったのですが、まとめてから書くより写真の整理をかねて少しずつ書き続けているうちにいつの間にか30回の連載になってしまいました。(最後は”根性”で書き終わりました!!)

10ヶ月の長旅をやっと終えた気分です。
by small-small-world | 2010-10-21 14:22 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)

フランスの美しい村を訪ねて(30)~Moissac

ロマネスクの教会をテーマにするからには是非訪れたいのがモワサックMoissac
レンタカーでのドライブでなんとか訪れたいと地図上でみてもドライブ・ルートから離れていて無理そうです。
あきらめようかと思っていたのですが、ガイドブックでみるとトゥールーズから鉄道で70km。
鉄道を使えば行けるではありませんか。
(といっても本数は少なく、朝6時台発の次は午後1時台。帰りの便は午後5時台しかありません。)

モワサック駅下車して左へ。
c0039428_13183534.jpg


人の気配のない家並みを通り過ぎて、約5分。
教会の三角屋根が見えてきて一安心。

サン・ピエール修道院教会
ロマネスク教会の傑作中の傑作といわれる12世紀のタンパンの彫刻と美しい回廊で有名です。

タンパンの図像は「キリスト再臨」
c0039428_13183112.jpg



右面の「エジプト逃避」
c0039428_1318294.jpg



中央の柱
c0039428_131826100.jpg


左面は聖パウロ
c0039428_1318816.jpg




中央柱の右面は大預言エレミア
表情の繊細さ
素晴らしい浮き彫り
c0039428_13331688.jpg






有名な回廊
光あふれる中庭とそれを囲む76のアーチで区切られた回廊
静かな祈りと修行の場です。
c0039428_131821100.jpg



76の柱廊にはそれぞれ異なる彫刻があります。
新旧約聖書に基づく説話柱廊、異様な動物、アカンサスなどの葉飾り
c0039428_1318127.jpg

c0039428_13175640.jpg

c0039428_13175075.jpg





聖堂の前のカフェで休んでいるとサンチャゴ巡礼の人が足早に聖堂に入っていきました。
聖堂の裏には巡礼宿もありました。

駅の近くは静かでしたが、聖堂の周りにはちょっとした商店街がありました。
c0039428_13173190.jpg



ハローキティはここでもはやっているのですね。
c0039428_13172659.jpg


列車の時間までの~んびり時間をつぶしてトゥールーズにもどりました。
モワサックまで足を伸ばすことができて、ミディ・ピレネー旅行の最後を飾ることができ満たされた気持ちでした。
c0039428_13513915.jpg

by small-small-world | 2010-10-21 13:52 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)

フランスの美しい村を訪ねて(29)~Basilique St-Sernin, Toulouse

ミディ・ピレネーをドライブし、地中海沿いの街に立ち寄ったあとにたどり着いたのはトゥールーズToulouse
中世には、ヨーロッパの大都市といえば、ローマ、ヴェネティアそれにこのトゥールーズ。
現在でも繁栄している大都市です。

このブログの旅記録のタイトルを「美しい村を訪ねて」としていますが、今回の旅行の大きなテーマはロマネスクの教会なのです。

で、もちろんトゥールーズToulouseのロマネスク教会といえば聖セルナン大聖堂。
3世紀の聖人聖セルナンの名を冠した教会は、サンチャゴ巡礼道の途中にあり、中世には多数の巡礼者であふれるほどだったそうです。

キャピトル広場から聖セルナン大聖堂に向かう道
聖堂の塔が美しくそびえています。
c0039428_22495850.jpg



11世紀から14世紀に薔薇色のレンガで建造された聖堂は、多数の巡礼者が訪れても大丈夫なように広大な空間を持っています。
c0039428_231239100.jpg



教会東入り口のタンパン
大きな教会にしてはやや小ぶりです。
c0039428_23124396.jpg



柱頭には聖書の物語や寓話が彫られ見飽きることがありません。
c0039428_23124651.jpg

by small-small-world | 2010-10-20 23:14 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)

フランスの美しい村を訪ねて(28)~Narbonne

地中海の西北の角にあるナルボンヌNarbonneは紀元前にはローマ帝国の植民地だった地
地中海貿易で栄えた地です。

明るくのびやかな街ナルボンヌの中央には巨大な建造物
大司教の宮殿とカテドラル
まるで砦のようです。
c0039428_2254594.jpg



建物の上に上るとはるかにピレネーの山々を望むことができます。
c0039428_22545218.jpg



カテドラルは14世紀のもの
フライイング・バットレスつきのごっついデザインです。
c0039428_22545520.jpg



街の中央にはロビーヌ運河
c0039428_22543728.jpg


川沿いの公園ではマーケットを開催中でした。
c0039428_22542512.jpg



穏やかでおっとりした雰囲気のナルボンヌ
ほっとする街でした。

小さなおもちゃやさんでオルゴールを手に入れました。
まるで童話の主人公のような白髪頭の店主が鼻の頭に汗をかきながら包装してくれました。
c0039428_22544615.jpg

by small-small-world | 2010-10-19 22:59 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)

フランスの美しい村を訪ねて(27)~Perpignan

ペルピニャンPerpignanはスペインとの国境に近い街です。
スペイン北東部のカタロニア地方と同じ文化を継承していて、現在でも人口の4分の1の人々がカタロニア語を話しているということです。

街路樹はヤシの木
別世界にきたような感じがします。
c0039428_2153729.jpg



建物の感じもどことなくスペイン風?
c0039428_22445534.jpg





こちらは第2代マヨルカ王によって建てられたCathedrale St-Jean
c0039428_22445069.jpg




陶器のデザインや色合いもカタロニア風なのでしょう。

今回の旅行は地方の村めぐりでいたから買い物はほぼまったくしませんでした。
ペルピニャンの路地裏の小さな陶器屋さんで購入したこの小皿(10~15センチのものです)はほぼ唯一のお土産です。
左下の赤いお皿はドンムで購入したもの。どこのお皿?と聞いたら店のマダムがペ☆×□・・というので、書いてと頼んだらPerpignanと・・・・・。
c0039428_91515.jpg



南国的開放感のあるペルピニャンの街ですが、気になったのは若くて働けそうな男たちが路上で物乞いしているのを何人も見かけたこと
景気が悪いのでしょうか。
by small-small-world | 2010-10-19 09:24 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)

フランスの美しい村を訪ねて(26)~Cataloniaへ

当初の予定ではカルカッソンヌからトゥールーズへ向かう予定でした。
ところが、日本を出発する直前に予定表をチェックしていて、どうも1日勘違いしていたことに気づいたのです。予定より1泊増やさなければなりません。
そこで急遽訪れることにしたのがカタロニア地方です。ナルボンヌに1泊してペルピニャンまで往復してくることにしました。

カルカッソンヌ駅から鉄道でNarbonneへ。
地中海岸のせいでしょうか。空が青いです。
駅から歩いて10分ほどのホテルに急ぎ足で向かい、スーツケースを部屋に置いて、また駅に引き返しました。
c0039428_12154658.jpg



ペルピニャンまではTGVで。
c0039428_12154860.jpg



ナルボンヌからペルピニャンまで鉄道は干潟の上を走ります。
車窓の右も左も水面
まるで水面を走っているような不思議な路線です。
ペルピニャンまで足を伸ばすことにした理由の一つが、ここを走ってみたかったから。

浅瀬にはたくさんの塩田が作られています。
写真の白っぽい地面は、塩田です。塩が浮いて真っ白です。
c0039428_12153349.jpg



浅瀬のむこうのほうに紅色の鳥の群れが憩っていました。
フラミンゴの群れでした。

風変わりな景色を眺めながら列車はスペイン国境に近いペルピニャン駅に到着しました。
駅の天井は鮮やかな色彩です。
c0039428_12191143.jpg



ペルピニャン駅
どことなく南国ムードです。
c0039428_1219154.jpg

by small-small-world | 2010-10-18 12:28 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)

フランスの美しい村を訪ねて(25)~カルカッソンヌ

昨夕とにかく一度は訪れたカルカッソンヌの要塞
夜が明けてから今度は見学のためにもう一度訪れました。
c0039428_22562510.jpg



朝早くて観光客の姿もまばらです。
二重の砦で囲まれた堅固な要塞カルカッソンヌ
砦と砦の間は武器の練習や馬上試合などに使われたのだそうです。
c0039428_22562155.jpg


聖ラザール教会
ロマネスク様式とゴシック様式が混在しています。
c0039428_225618100.jpg


コンタル城の開門を待って入場しました。
トランカヴァル伯の居城として栄え、アルビジョワ十字軍の時にはカトリック側のシモン・ド・モンフォールに攻め落とされたコンタル城ですが、その後廃墟になっていました。
19世紀になって、ヴィオレット・ル・デュックの研究と努力によって中世そのままに復元されたのです。
c0039428_22561363.jpg


カルカッソンヌの要塞の中の古い建物はカフェやみやげ物ややレストランになっています。

薄い薄いパイに粉砂糖を振りかけた地元のお菓子Oreillettesを作って売っている店がありました。
1枚1.5ユーロ(160円)
かじりながら土産物屋さんをひやかして歩きました。
c0039428_2256040.jpg

by small-small-world | 2010-10-16 22:58 |    南西フランスドライブの旅 2010 | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る