人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

立春~~蝋梅を訪ねて

今朝(2月4日)の朝日新聞「天声人語」に神奈川松田町寄(やどりぎ)地区の蝋梅山のことが紹介されていました。

今日は一日読みかけの「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」を読んで過ごそうと思っていたのですが、本は電車の中で読めばよし

さて蝋梅を見に出かけましょう。

思いついたのは午前9時45分。取りもとりあえず家を出て、新松田駅には正午頃到着。
駅前のバス乗り場は長蛇の列。同じ記事を読んで、急いで家を出てきた人達がほとんどのようでした。

バスは左手に深い渓谷を見ながら山を登って行きます。
やがて寄の集落へ。
意外なことに立派で歴史ありげな民家がならび、札場というバス停があったりし、歴史ある集落のようで興味をひかれました。
林業が盛んな町だそうですが、今ではマス釣りやテニスコートのある休養村を運営している地域だそうです。

バス停から急な坂道を上ると「蝋梅祭り」の入り口
入場料は300円

c0039428_13023199.jpg

見上げると小高い山の頂上まで蝋梅が植えられています。

今から13年前に地元寄中学の生徒たちが卒業記念に植えた250本の苗木がスタートだったそうですが、
「町おこし」にと毎年植栽を続け、今では20000本になっているそうです。

c0039428_12551339.jpg

ロウバイ祭りが始まって今年で8年目
手作り感たっぷりの祭りで、商業的な屋台など皆無なのが好感が持てます。

c0039428_13021638.jpg

蝋梅には青空が似合います。
日差しを浴びて蝋梅の蝋細工のような花びらが透き通るようです。
それに、とってもいい匂い。
香りに包まれて、心地よい散歩です。

c0039428_12534444.jpg



c0039428_12531146.jpg


c0039428_12532891.jpg

蝋梅の実
この実のなかにある種を育てて、増やしていったのだそうです。
住民の心のこもった蝋梅山です。


c0039428_12544218.jpg



c0039428_12545497.jpg














by small-small-world | 2019-02-05 00:10 | ★樹や花たち | Comments(0)

散歩と日々の暮らしのメモランダム


by small-small-world
プロフィールを見る
更新通知を受け取る